1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
日本サッカー20年を振り返る3冊
週刊サッカーマガジンの最終号、Numberのドーハの悲劇特集。サッカー日本代表フォトブックと合わせて多くの方に読んでいただきたい2冊です。

Numberは、松永成立さんを中心に描いた一志治夫さんの再現ドキュメント「'93•10•28の夜」が涙なくしては読めせん。そして「私にとってドーハは、」という当時のメンバーへ編集部が投げかける共通の質問に対するカズさんの返答にはキングたる理由が垣間見えました。

週刊サッカーマガジンは、編集長の「お詫び申し上げます」も胸をうちますが、西部謙司さんのコラム「ゴールのあとの祭り」が西部さんらしい最終回の締め方で素晴らしいです。最終号にふさわしい綴じ込みピンナップも秀逸。

この3冊をセットで手にすれば(3000円でお釣りがきます!)、日本サッカー界のこの20年のどこにでも、一瞬でタイムスリップできますよ。
c0030862_11463243.jpg

[PR]
# by takeoverproject | 2013-10-30 11:46
ふとあの日のことを思い出しました。
現在の、フットサル中にゴール前から微動だにせず来たボールを決めるだけの中林しか知らない方には信じられない話かもしれませんが(笑)、高校時代、中林はサッカー部いちばんのスタミナの持ち主でした。

自分でもスタミナがあると自負したことはなかったのですが、高3時にサッカー部内で長距離走をした際、とりあえず行けるところまでスタミナがウリのサイドバック(SUS)について行こうと思ったら最後までSUSと併走してトップタイ。

サッカー部顧問に「フィールドの選手と違って自分でメニューを考え、サボろうと思えばいくらでもサボれるGKが実際はどれだけストイックにトレーニングに取り込んでいるかの証明」と評価してくれたのはいまでも鮮明に覚えている。

その直後、今度は学年全体での体育の授業の長距離走があり、何グループかに分かれてSUSは別グループだったため、行けるところまでと陸上部のエースに併走。終盤まで無理なくついて行ったものの、最後のラストスパートに「相手は陸部エースだし……」と無理してついて行かず、周囲の応援に笑顔で手を振りながら2位フィニッシュ。

するとサッカー部顧問が飛んできて「へらへら笑って2位でゴールするな!お前のそういうところが県選抜に選ばれない理由だぞ!」と強い??咤を受ける。

この時の兵庫県選抜GKは強豪滝二の正GK、サブGK、第3GKがメンバー入りするという他校のGKからするといかにも屈辱的な状況だったこともあり、当時はイライラが先にきて「僕のやることは体育の長距離走でトップとることじゃなく今日の部活の質と週末の試合の結果です!」と生意気に反論したものでした。

とはいえこの陸上部のエースは元サッカー部。試合に出れず、練習をサボり、いつの間にか辞めて陸上部に。その後の努力までは知らないけれど、少なくとも陸上部のエースだからと勝負を諦める相手ではなかった。いま思い返すとあの試合は勝っておくべき試合だったのだなと。相手がというより自分自身との戦いとして。

昨日の見事日本代表がW杯出場を決めたオーストラリア戦から一夜明け、ふとあの日のことを思い出しました。

※この物語はフィクションではありません。笑
[PR]
# by takeoverproject | 2013-06-05 12:33
「ヨコハマ・フットボール映画祭2013」
今年も実行委員のひとりとしてやります!
「ヨコハマ・フットボール映画祭2013」

http://yfff.jp/

そして先週末よりサッカーファンのための
プレミアムショッピングサイト「サカポン」
での特典付きチケット販売も始まりました!

http://www.soccer-coupon.jp/

2月11日(月/祝)・16日(土)・17日(日)、
皆様ぜひご家族・ご友人お誘い合わせの上、
みなとみらいまで遊びにいらして下さい!

ちなみに上映作品は下記!

「フットボールアンダーカバー」
ジャパンプレミア(日本初公開)!!
イスラム文化における女性の人権問題に、
サッカーを通して迫ったドキュメンタリー。

http://www.youtube.com/watch?v=OyMc0bW_b8M&feature=player_embedded

「ソカ・アフリカ」
ジャパンプレミア(日本初公開)!!
若き才能のアフリカ発、ヨーロッパ行き。
人身売買とも表現できる移籍の現実に迫る。

http://www.youtube.com/watch?v=QRIfS3cEMTI&feature=player_embedded

「狂熱のザンクトパウリ・スタジアム」
ジャパンプレミア(日本初公開)!!
ドイツ有数の熱度を誇るザンクトパウリの、
スタジアムに設置した多数のカメラから観る世界。

http://www.youtube.com/watch?v=AK5p5Lzrb0M&feature=player_embedded

「ユナイテッド ミュンヘンの悲劇」
世界屈指の名門クラブを乗せた飛行機が墜落。
一人のコーチの情熱と若き才能が、
瀕死のチームを復活へと導いてゆく物語。

http://www.youtube.com/watch?v=4xJ96pLK0bI&feature=player_embedded

「コッホ先生と僕らの革命」
ドイツの名門学校に赴任した英語教師コッホ。
ドイツ・サッカーの父と少年たちの感動の実話。
(音声ガイド付き上映実施)

http://www.youtube.com/watch?v=wv3h7_kOPGg&feature=player_embedded

「ローカル・サッカー・クラブのヒーロー」
就任までサッカーについて全く関心のなかった
暴走オーナー率いるクラブは優勝できるのか?
クラブ経営を扱ったイタリアンコメディの傑作。

http://www.youtube.com/watch?v=oVzOo5qH9RY&feature=player_embedded

「勝利への脱出」
ペレ、アルディレス、B・ムーア、スタローン競演。
言わずと知れたサッカー映画の金字塔も特別上映!

http://www.youtube.com/watch?v=abO0lm6L4T0&feature=player_embedded


c0030862_18271786.jpg

[PR]
# by takeoverproject | 2013-01-21 18:27
中林が自身に設定していた3つのテーマ
先月新潟のJAPANサッカーカレッジさんに特別授業をしに行った際、50名近い学生さんたちに考えていただいた「書籍の企画書」と「授業の感想を書いてくれたレポート」が手元に届く。

みんなびっしりと企画書もレポートも書いてくれていてすごく嬉しいし勉強になります。もちろん勝手に学生さんから企画は盗みませんよ。笑。本当に実現できそうな企画があれば何らかのかたちで発案者に関わってもらおうと思っています。もちろんプロの方々の立てた企画でもすんなりと通るわけではないのが書籍というジャンルなので、なかなか難しい部分もありますが。。

またレポートでは、授業の中で誰も興味ないだろうと思いながら話していた「中林が専門学生時代や新米社会人の頃に自身に設定していた3つのテーマ」についての反響や共感の声がとても大きくて驚きました。ちなみに3つのテーマとは、

・「できません」とは絶対に言わない
やるからにはプロになるだけでなく業界のいちばんを目指すために、何事にも返事はすべて「オレやります!」。仮にいまの自分にはキャパオーバーだと感じることでも積極的にチャレンジする。

・一度会ったら覚えてもらえる自身のキャラクターを作る
サッカー業界とは何のパイプもないゼロからのスタートに対する打開策。サッカー好きは声をかけざるを得ないレアなサッカーユニフォームを普段着にして髪の毛はツンツンの金髪。

・フットサルと飲み会の誘いは断らない
ただ自分が楽しんでいるだけのようでじつは重要なテーマ。フットサルで人脈が広がり&親交が深まり、斬新な企画は飲み会で生まれる。参加すればまた次も呼んでもらえる。実作業は夜中に会社で。

本当にこれまでサッカー編集者中林はこの3つのテーマだけで生きてきたようなものです。笑。逆にこれからはこの何倍も自身に新たなテーマをたくさん持たせて成長を加速させないといけなぁと感じる今日この頃。

それにしてもこういった「中林良輔の人としての」的な部分の話に学生さんたちがいちばん大きな反応を示してくれたというのは予想外でしたし嬉しいですね。「専門学校生」という共通点のなせるワザでしょうか。週末改めて学生さんたちの熱意のこもった文章を拝見しながら企画に対する中林なりのお返事を誠意を持って書かせていただこうと思います!
[PR]
# by takeoverproject | 2012-10-05 12:25
トントンと
この8月は、トントンと自信作を2冊刊行。


c0030862_23223554.jpg

「センターバック専門講座」
秋田豊/著 田中滋/構成
定価1,575円


c0030862_23223137.jpg

「欧州サッカー 名将への挑戦状」
ヘスス・スアレス+小宮 良之/著
定価1,500円


読んで絶対損はさせません!
[PR]
# by takeoverproject | 2012-08-20 23:23
まだまだ継続して絶賛発売中です

「最近スマートフォンに変えたので、
電子書籍の『サッカー』のチカラ買ったよ」
と言ってくれる方がここのところチラホラおり、
「honto」さんも大幅リニューアルしたので、
ここらで改めて触れさせていただこうと思います。

東日本大震災の被災地支援のために
サッカーメディア界の豪華執筆陣が、
敏腕編集者陣が、大御所イラストレーターが、
総力を結集して生まれたチャリティー企画

チャリティー電子書籍「サッカーのチカラ」

http://honto.jp/ebook/pd_10127670.html

本書は1冊あたりの売り上げ1,200円のうち、
必要諸経費を除いた1,000円が寄付されます。

普段の仕事ではあくまで書き手とは一線を引いて、
編集者という立場を明確にしている中林が、
(三流デザイナー仕事はやりますが。汗)
自分の編集した作品で、名前を明記して、
原稿を書いた初めての作品でもあります。
恥ずかしながら。。

本書の発端、コンセプト、実現までの流れなどは、
ライターのミカミカンタさんが中林を美化しつつ、
丁寧にまとめて下さった下記ブログをご参照下さい。

http://syukyugensou.blog134.fc2.com/blog-entry-13.html

チャリティー電子書籍「サッカーのチカラ」
まだまだ継続して絶賛発売中です。
[PR]
# by takeoverproject | 2012-07-04 22:33
祝!スピード重版!!
『日本女子サッカーが世界と互角に戦える本当の理由』
発売1週間足らずで重版決定です!パチパチパチ!!

さらに来月7月18日より、
ファミリーマートさんでの展開も決まりました。
(全店舗ではありません、全国の一部店舗です)

「想像以上に濃い内容!」と想像以上に多くの
お褒めのお言葉も各所からいただいております。

まだ未読の皆様、ぜひお手にとってみてください。

7月刊行のエルゴラッソさんには、
本文の読める広告を重点的に入れる予定です。

多謝!


c0030862_19505919.jpg

[PR]
# by takeoverproject | 2012-06-28 19:51
映画「ゴモラ」を鑑賞
c0030862_2393566.jpg
ついに昨晩、ずっと観たかった映画「ゴモラ」を鑑賞。
第61回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品。

イタリア・ナポリを拠点とする
犯罪組織「カモッラ」の実体を描いた作品です。

ただ映画が始まるとすぐに作家・佐藤優氏の、
「『ゴモラ』は『ゴッドファーザー』を越えるすごい映画だ」
という本作品に対する推薦コメントが的外れだなぁと理解。
この作品はむしろ「シティ・オブ・ゴッド」に近い世界観かと。
闇社会のリアルな描写をどこまで追求している作品だけに、
そのぶん映画作品としてどこまで堪能できるかは……。

本作品の原作者が殺害予告を受けているのは有名な話だけれど、
映画の出演者5人がカモッラ構成員として逮捕されてもいます。
この作品がどれだけリアルにこだわったのかが伝わるエピソード。

マフィアを題材としている映画はほぼコンプリートしている、
ドン・コルレオーネ中林的にはマフィア映画としてはまずまず。
ドキュメンタリータッチの社会派ドラマとしては楽しめました。

中林がマフィア映画に求めるものは、
仲間への尊敬と絆、敵への憎しみと制裁、
そこから学べる人としての生き方や勝者の哲学。

なのでこの映画が現実だと言われるとそれまでですが、
「(殺しの手引きを少年に押しつけるために)
 お前は味方か敵か?敵なら生きては返せない」
そういう「断れない提案」を仲間内の少年に向ける
切羽詰まったファミリーはやだなー。

ちなみにイタリアでは、カモッラとともに、
日本でも知名度の高いシチリアのコーザ・ノストラ、
現在最大勢力とされるカラブリアのンドランゲタ、
少数派のブッリャのサクラ・コローナ・ウニータ、
が4大イタリアマフィアと言われています。


c0030862_2393566.jpg

↑中央に見えるのは子どもたちが遊ぶプール。
 と、その屋上で見回りをする犯罪組織の面々。
[PR]
# by takeoverproject | 2012-06-13 23:15
海を渡ったサムライたち特別編 【柴村直弥】
中林が柴村直弥選手に初めて会ったのは2008年。
尊敬してやまないJリーグ関係者の方から、
「どうしても紹介したい選手がいる」と言われ、
彼にそこまで言わせる選手とは一体、
どんな方だろうとワクワクしながらの初対面でした。

その時のことを当時のブログにはこう書いています。

「出逢い」
(中略)そして最近、珍しく年下の方に感動したという意味でも印象的だったのが、ガイナーレ鳥取の柴村直弥選手との出逢い。こんなに頭が良くてビジネスセンスを兼ね備えたサッカー選手もいるんだなと感動すら憶えました。

当時はまだ彼に会ったばかりで言葉の選択もうまくできてませんが、
彼が持ち合わせている素晴らしい部分は「ビジネスセンス」ではなく、
常に「人としてどう生きるのか」を本質でしっかりと考えている部分。

それから何度となくサッカーについて、人生について熱く語り合い、
昨オフはジャンキーフットサルに遊びに来てくれたり親交を深めつつ、
静岡MYFC、ラトビア・ヴェンツピルス、ウズベキスタン・パフタコール
と活躍の場を広げる彼に対する尊敬の念は年々深まるばかりです。

そんな柴村選手が特集された下記の番組、ぜひ見てみて下さい!
サッカーファンもそうでない方も、必ず得るものがあると思います。


海を渡ったサムライたち特別編 【柴村直弥】

http://www.youtube.com/watch?v=qs001LWGbgg&feature=relmfu
[PR]
# by takeoverproject | 2012-05-28 13:22
FCパスィーノ伊丹
思えば兵庫県立神戸高塚高校サッカー部時代、
GKとして初めて格の違いを感じさせられた選手が、
当時ヴィッセル神戸ユース所属のMF森一紘(同い年)。
手も足も出ずという感覚を初めて味わわされた選手。
その格の違い感は、驚異的なスピードで名を馳せていた、
当時滝川第二のFW林丈統を個人的には上回る衝撃でした。

そして同ポジションで最も格の違いを見せつけられた選手が、
当時同じくヴィッセル神戸ユース所属の水田泰広。
同じ高校に通う同じポジションの1学年後輩であり、
違うのは所属チームと、サッカーの実力と経験値。苦笑
時折トレーニングをともにして格の違いは痛感していたものの、
彼が国体・兵庫県代表に選ばれたことを校内で表彰され、
「あれ?サッカー部のキーパーのレギュラーって中林じゃないの?」
と隣の女子に聞かれた時の複雑な思いは今でも忘れられません。笑

そんな当時一方的に羨望のまなざしを向けていた森と水田が、
「FCパスィーノ伊丹」という兵庫県内のユース年代のクラブで、
代表兼監督とGKコーチとして活動しているといまさらながらに知り、
とても嬉しく、刺激になりました。自分も頑張らないと!

まだまだ走る理由はある!!

http://www.paseno.jp/
[PR]
# by takeoverproject | 2012-05-25 12:03