1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
サカつく7日記【5年目】
c0030862_1345259.jpg


    中林良輔  小野裕二
        兵藤慎剛
   狩野健太       中村俊輔
        谷口博之
武田英二郎 松田直樹 岩政大樹 久保竜彦
        飯倉大樹

総監督:松永成立
システム:4-4-2 リベロシステム


5年目にしてJ1初優勝&アジアNo.1&世界No.1。
突然、松永成立総監督率いる横浜FMに春がやってきました。

エース中林良輔は全ステージで得点王という大車輪の大活躍。

昨シーズンMVPの松田も不動のCB&キャプテンとして牽引。

謎に最初から右SBの適正のあった久保(初回特典選手)は、
チャ・ドゥリ的な超攻撃的右SBとしてレギュラーに定着。

青山直晃がカタールにオイルマネーで引き抜かれたCBには
鹿島でサブに落ちて試合に飢えていた岩政を安価で補強。

当初戦力外扱いだった武田が予想外にシーズンMVPの活躍。
翌年にはなんと7億という巨額のオイルマネーでカタールへ。

そして6年目。

3冠とオイルマネーで潤った資金でストイコビッチを獲得。
三十路を迎えた飯倉の後継者としてエディット作成選手で
満を持してGK中林冠人(良輔の息子という設定)を獲得。
盤石の態勢で臨んだ6年目は前半戦折り返しの時点で、
世界リーグ3部&J1リーグともにダントツの首位独走。
せっせと施設&環境を強化していた自慢のユースにも
カズ、名波浩、ラモス、遠藤保仁、木村和司の5人を
原型にしたと思われる将来有望な架空選手が在籍。
あとはDF陣を見直せば10年は安泰。

サカつく7、いやはや俄然面白くなってきました!
これはもうマンユーからのオファーがあるまで移籍できないなぁ。


c0030862_13451639.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2011-08-23 13:46
<< 【J特】FIPFAワールドカッ... エグゼクティブ・サッカーファン... >>