1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
LOST
サッカーにおいて中盤のバランサー的役割の選手は大変です。そのいぶし銀の活躍は目立たず、結果という記録には残らず、疲労だけはすこぶる激しい。とくに前線とディフェンスライン、さらにはサイドプレーヤーとの間隔が広ければ広いほど、チームとして目指すべき方向がバラバラであればバラバラなほどハードワークです。なので仮にバランサーが試合中に1回くらいイージーなパスミスをしたとしてもそこは温かい目で見守ってあげたいものですよね……ですよね??

苦しい言い訳はこの程度で……はい、社内のバランサー的な立ち位置に四苦八苦していたら、月1冊の本の出版がノルマである自分の12月分の仕事をロストしました。これは非常に情けない。会社としての健全化、そして編集長仕事、それらを右も左もわからないなりになんとかしようと日々空回りを重ね、それでいて自分の信念として決して担当編集の企画に妥協はしないというスタンスを貫いたところ、行き着いた先がノルマのロストでした。ほんと情けない。みんなに「担当書籍をロストするな!」と普段偉そうに言ってる編集長が「おいおい、お前がロストしてるじゃん」って話です。

自分のキャパを超えたチャレンジに挑み、見事撃沈という経験は久しぶり。社会人になって去年までは自分のやりたいサッカーの仕事をやることだけを考え、環境が気に入らなければ周囲に噛みつきまくって自分とサッカーのことしか考えてこなかったツケですかね。ここから半年が将来の成功を見据えた僕の人生の踏ん張りどころのひとつだと思います。

最近は立場的にも少し落ち着こうかと数年ぶりに黒髪にしてみたり大人ぶってましたが、まだ早かった!自分はまだまだ青臭い若手なんだ!守りに入るのは20年早い!髪も明るい色に染め直し、失敗を恐れずどんどんチャレンジして何度でも撃沈されて大いに成長していきたいと思います!

未来は僕らの手の中!!
[PR]
by takeoverproject | 2007-11-21 20:38
<< 突破の可能性70% 残した軌跡と未来の奇跡 >>