1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
2007年 11月 26日 ( 1 )
突破の可能性70%
2010年南アフリカワールドカップ・アジア3次予選。日本の対戦相手はバーレーン、オマーン、タイに決まりました。

ここ2~3年、毎回まったく互角の試合内容&ギリギリ僅差の1点差で辛うじて日本が勝ちを手にしてきたバーレーンとオマーン。2006年ドイツワールドカップ予選での大苦戦は皆さん記憶に残っていると思います。僕はドラゴン久保の劇的ロスタイム勝ち越し弾のドイツW杯予選オマーン戦(1対0)と、中東ならではのしたたかな戦いに敗れたアテネ五輪予選バーレーン戦(0対1)をスタジアムで観戦し、その手強さを肌で感じました。さらにセパタクロー王国タイの潜在能力も楽観視はできません。死のグループ(オーストラリア、中国、イラク、カタール)の次に突破が難しいグループではないでしょうか?

僕の予想としては客観的に判断して突破の可能性は70%。理想としては日本人の代行監督でチーム……日本全土が一丸となってなんとか3次予選を乗り切り、最終予選で満を持してオシム監督復帰というシナリオを望みます。

注目のアジア3次予選はホーム&アウエー形式のリーグ戦で2008年2月から行われ、各組上位2チームまでが最終予選に進出します。
[PR]
by takeoverproject | 2007-11-26 02:12