1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
日本代表発表!
ヤフーが運営している【ファンタジーサッカー】というネット上で遊べるゲームがあります。Jリーグ公認のoptaデータを使用して、実際のJリーグでの選手の活躍を予想するゲーム(無料)です。僕のなかでは選手の能力やコンディションを考察する上でそれなりに信憑性の高いものとして参考とする要素のひとつと捉えているのですが、今日はこの【ファンタジーサッカー】の楽しさや、上位入賞を狙えるくらい僕の成績が良いという自慢話は置いておきまして、、

今日は仕事でJリーグの選手をいろいろ調べていた関係でこの【ファンタジーサッカー】をちょくちょく見ていました。そこで突然「そーいえば最近日本代表選手のJリーグでの調子がイマイチだなー」と思い出したので、【ファンタジーサッカー】内での日本代表選手の評価(年俸)を調べ、ついでに評価が高い順に日本人選手でベストイレブンも作ってみました。

GK
都築 龍太 浦和 1億2830万
DF
田中 マルクス闘莉王 浦和 1億4410万
新井場 徹 鹿島 1億2060万
岩政 大樹 鹿島 1億1360万
箕輪 義信 川崎F 1億670万
MF
遠藤 保仁 G大阪 1億1130万
小笠原 満男 鹿島 1億530万
阿部 勇樹 千葉 9780万
古橋 達弥 C大阪 9080万
FW
巻 誠一郎 千葉 8650万
佐藤 寿人 広島 7970万


……。代表不動のレギュラークラスは誰ひとりとしてメンバー入りしていません。。とくにDF陣……。
みなさんケガを恐れてプレーが慎重になっている部分があるのかもしれませんが、そろそろエンジンをかけてもらわないと!

宮本(G大阪/5420万)さん! 久保(横浜FM/5300万)さん!! 福西(磐田/3780万)さん!!!!!
[PR]
by takeoverproject | 2006-04-28 22:43
ダイスラー……
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/eusoccer/headlines/20060427-00000031-spnavi-spo.html

またダイスラーが鬱病になってしまったようですね。。僕も身近に同じ症状の人がいるので、彼がケガをしてW杯出場が絶望というニュースを聞いたときに「たぶんまたなってしまうんだろうな〜」とは思っていましたが。。

とはいえ彼はまだ26歳。2010年も十分狙える選手です。この2大会分の悔しさを胸に見事な復活を果たし、南アフリカの地で活躍してくれることを強く願います。
[PR]
by takeoverproject | 2006-04-27 20:47
今日は24時には寝ます
欧州チャンピオンズリーグ・準決勝。バルセロナ×ミラン。
僕は明日の朝7時に起きて、会社に行く前に録画で観ます。

ファーストレグではホームで0-1の敗戦を喫したミランは、アウェイで少なくとも1ゴールは確実に決めなければなりません。シェフチェンコを筆頭に世界トップレベルの優れたストライカーを何人も抱えるミランにとってそれほど難しい課題でない気がしますが……、

僕は迷うことなくバルサの引き分けか勝ちを予想しています。
どう考えても今のバルサは止められませんよ。もう説明の必要がない攻撃力に、最近は守備の安定感と厳しさもグッと増しました。そこにファーストレグでの勝利、ホームのアドバンテージ、直前のリーグ戦の延期による幸運な休息と追い風だらけです。ホームでロナウジーニョに完全に子供扱いされていたガットゥーゾがアウェイであのロナウジーニョを抑えられるとは思えないですし。。

ただ何が起こるのか分からないのがサッカーの醍醐味。
そして歴史に残るスペクタクル&スリリングな試合になるのは間違いないと思います。

一体どちらのチームがアーセナルとの決勝戦に挑むことになるのでしょう。ワクワク。
[PR]
by takeoverproject | 2006-04-26 20:32
結婚式(初出場)
今日は高校サッカー部時代の親友の結婚式に行って参りました。感動した!
これまで何度か関西の友人の結婚式に声をかけてもらったのですが、どうにも仕事に折り合いがつかず……というのが何度かありました。ただ今回は奇跡的に仕事のスケジュールにもなんの問題もなく、余裕の前日関西着。親せきや先生、コーチなどを別にして、同年代の友人としては満を持しての結婚式への初出場となりました。そして久々に高校サッカー部や高校時代の面々との再会も実現し、大いに若返りました。

今思うと、僕が【ビックマウスを貫く。そして自分を追い込む】【無理です。できません。は絶対口に出さない】【何事にも勝ちにこだわる。とくに自分自身には絶対負けない】などを徹底的に自分に叩き込み、自分自身へのハードルを高く!もっと高く!と意識し始めたのは専門学校1年の時。
今回の帰郷で高校までは「本当になにも難しいことは考えず素の自分で自然に生きてきてたんだなー」と改めて感じました。みんなでワイワイ思い出話で盛り上がっているときにフッと気づくと、「いつも意識してライオンの毛皮をかぶっているはずの自分が本来の小動物に戻ってるぞ」と明確に感じられるんですよね。苦笑。

とはいえ今の自分が偽りだというわけではなく、ライオンの毛皮をかぶった小動物がいつか本当のライオンになれるようにやり甲斐を感じながら日々努力し、そして日々楽しく有意義に過ごしています。もちろん、まだまだ未熟者なので専門学生時代以降に出会った人であっても僕の中の頼りなくて弱気な小動物を引っ張り出している人も中にはいますが。笑。

ただライオンの毛皮を脱ぎっぱなしというのは本当に久しぶりでした。とても良い光合成ができました。久しぶりに頭で言葉を選ぶ前に勝手に感覚で言葉が出てくる出てくる。

明日からまた、毛皮をかぶり直して、気を引きしめ直して、お仕事がんばります。


最後に、ナミエとミカちゃん、本当に結婚おめでとう。友人の結婚式初出場がふたりの結婚式で心の底から良かったと思います。このふたりに関してはまったく心配はしておりませんが、末永くお幸せに。

そしてカンマや、タクミをはじめサッカー部の面々。完璧な二次会の進行ブラボー。とくにタクミとは高校時代よりさらに親密になれた気がする。
これから半年に1回は東京に毛皮を置きっぱなしにしてそちらに遊びに行けるようにがんばります。みんなでまたフットサルやりましょう。そしてたまには東京に遊びに来て、毛皮をかぶった俺にも会いに来てください。
[PR]
by takeoverproject | 2006-04-24 02:00
観客論
5月13日に埼玉スタジアムで開催されるキリンカップで、カテゴリー1の"プレミアムシート"が発売されるそーです。1万5000円という高値で、駐車券、お弁当、飲み物、パンフレットが付いて、メインスタンドの一番見やすい席とのこと。

最初にこのニュースを見た時、素直に「良い案だ。時間があったら行きたいな」と感じました。そしてその後いくつかネット上でこのニュースに関しての記事を目にし、このチケットに、そしてこのチケットを買う人たちに対して批判的な意見が多いことに少しムッとしました。その意見の大半はこういう席を設けるとますますサッカーをわかっていない観客が増えるからとのこと。まず言いたいのは仮に僕がこの席で観戦したとして、それで「サッカーをわかってない人間扱いをされるのか?」いやいや、この24年間をサッカーとともに歩んできた僕を誰であれ否定はさせないです。ではそもそも「サッカーの知識が豊富な人間や熱狂的に90分間応援しているサポーターがスタジアムでは偉いのか?」それもなんだか間違っている気がします。

ではスタジアムでの観戦はどうあるべきなのか?
この疑問に正解はありません。世界各国でそれぞれの価値観があり、それぞれの個性溢れる応援があります。

サッカー関係者と話をするなかでも、たびたび日本の応援方法はどうあるべきか?という議論になります。僕はこれまで世界各国を訪れて多くの試合を観戦したワケけではなく、毎週Jリーグで贔屓チームを応援しているというワケでもないのであまり偉そうなことは言えませんが、個人的に好きな観戦はメインスタンドでビールを片手に落ち着いて座って観戦するか、普段テレビでは観れない2階席からピッチ全体を見渡して観戦するのが好きです。声をはらせて応援することはないですが、良いプレイには拍手を送り、ゴールが決まれば歓声もあげます。Jリーグ開幕前からスタジアムによく足を運んでいたため、昔ながらの応援に体が馴染んでいるのかもしれません。

僕と近い意見を持つ、ここ何十年も世界と日本のサッカーをスタジアムで観戦してきたあるサッカージャーナリストの方は、「昔の日本のスタジアムは良いプレーには拍手、悪いプレーにはブーイング、スリリングな場面では歓声が響き渡っていた。試合内容と観客に一体感があった。最近は応援の歌が90分間絶え間なく鳴り響いている。歳のせいか、この応援にはついていけないし、違和感を感じる」と話していました。その気持ちが僕にはすごくわかります。

逆に僕自身たとえばレッズのサポーターの応援には毎回鳥肌が立ちますし、彼らを含めゴール裏で声を張り上げ、常にチーム(選手)のことをサポートする人たちの心意義には敬意を抱いています。彼らが日本サッカーを支えているという意見にも異論はないです。

ではこれからの日本のサッカーはどのようなスタジアムの雰囲気を作り出していくべきか?
スタジアムの雰囲気は欧州ビッククラブのような全席指定の安全で快適なものにするべきか?あるいは南米のように迫力満点の相手選手がおののくようなピリピリとした雰囲気をスタジアム全体で作り出すべきか?

以下は僕の意見。

まずサッカーのことをほとんどわからずに観に来る人が多いのはプロサッカーの歴史が浅い日本では当然のことです。そこで面白いと感じた人が再び観戦に訪れ、その輪が少しずつ広がってはじめて日本にサッカー文化が根付いていくのですから。彼らの存在は大いに歓迎すべきですし、スタジアムに毎回足を運ぶベテランが彼らを敬遠する傾向は改めるべきです。その考え方の上で、たとえば試合中にも関わらず記者席にいる女子アナを写メールで撮影しているようなあきらかに行き過ぎた行動の人間にはベテラン勢が優しく道を正してあげればいいわけです。
そんななかでスタジアムのかっこいいベテランには自然と新人が憧れ、次世代のベテランが生まれる。まさに強いクラブのベテランと新人の関係のように。

そして、もっと日本人の国民的得意分野である世界各国の良いとこ取り的なスタンスを発揮するべきだと思います。安全で快適なスタジアムを目指しながら、熱くて相手チームを圧倒するスタジアムも目指す。なのでまだまだ発展途上とはいえ、いまのゴール裏は熱く、メインスタンドは静かで快適な日本の応援スタンスが僕はけっこう好きなんですけどね。この原型をうまく活かしながら、今後日本サッカー協会はゴール裏の熱いサポーターを押さえつけるべきではないし、ゴール裏の熱いサポーターは観客全員に考え方を強要するべきではないと僕は思います。様々な視点でサッカーを楽しむ人々がスタジアムに混在し、それでいてスタジアム全体には一体感がある。そんなような雰囲気が理想なのではと感じます。

チケットに関しては、一部のメインスタンドの値段をあげて特典をたくさん付け、VIP席もさらにバリエーションを増やし、逆に全体的な値段を下げて、ゴール裏はかなり良心的に値段を下げる。

南米のようなゴール裏に、欧米スタイルのメインスタンド。良さげじゃないですか??
[PR]
by takeoverproject | 2006-04-18 21:02
祝!新作完成!!
ついに【ワールドカップ4コマ観戦ガイド】が完成しました。今回は編集&デザイン&選手名鑑部分の各選手テキストを担当。久しぶりのソフト感覚なサッカー本作りで、とても楽しめました。4月下旬発売予定です。 よろしくどーぞ。m(_"_)m

基本的には1カ月弱という短い期間にも関わらず順調に進行した本書ですが、なんといっても終盤に頭を悩まされたのが突然の「ドイツ代表カーンのサブ降格事件」。なんとなくこの事態を匂わす作りにはしていたものの、最終入稿直前にこのニュースが飛び込んできて結局バタバタ&ドタバタの全面変更。。とはいえ結局サブ落ちしたカーンの内容には組み替えられたのですが、それを受けての彼の去就が発表される前に入稿となり、代表引退となると微妙なところでした。が、ここはこちらの読み通りとりあえずは第2GKの座に収まるそうです。ほっ。(-。-;)
以前、長年カーンの後塵を拝してきたレーマンが「俺がドイツ代表の試合に出れるのは、カーンが監督の奥さんと不倫したときだけだな」と言ってましたが、なんとも皮肉なことに遠からずな要因もあったみたいですね。(http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2006/04/09/13.html)
というのはマスコミの推測なのかもしれませんが、元GKの僕の意見としてはやはり守備範囲の広さ、足技の巧さ、ペナルティエリアを臆せず飛び出す積極性という意味では元フィールダーのレーマンが上。たとえ総合力でカーンが上回っていたとしても、攻撃サッカーをベースとするクリンスマン体勢にはレーマンのほうが適任なんでしょう。そこにここ数試合のカーンの出来の悪さが重なってしまったと。致し方ない決断ではないでしょうか?ただ今シーズン絶好調とはいえ好不調の波が激しいレーマンの本大会での安定感は未知数ですが。。

にしてもワールドカップ本出過ぎですね。。聞いたこともない出版社から次々と。。いまのところどの本もコケ気味で、さらに同じ時期に友人・知人のワールドカップ本も発売されるので売り上げ対決が楽しみです。まぁウチが勝ちますが。


追伸1:会社の偉いさん会議で僕の茶髪と顎ヒゲが議題に出たらしく、「最終判断は任せるが……」と注意を受けたので、久しぶりに口ヒゲも生やし、さらに明るい色に染め直してみました。名刺を渡せば誰もが一目置くという版元じゃないんですから、そして24の若僧が云百万という仕事を取り仕切ってるわけですから……そんな大企業ライクなこと言ってると会社つぶれますよ。。坊ちゃん刈りに安物スーツにさわやか笑顔だとその時点で負けですからね。もちろん仕事と喧嘩は別物ですが、見た目でなめられるのはマイナスでしかないですから。

追伸2:ナンバーウェブが「サッカー日本代表の軌跡」という粋な企画をやってますね。どの写真も思い出深い。。

c0030862_1851475.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-04-12 18:27
今日の名言
「おい、お前ら! 俺を誰だと思ってるんだ? ロマーリオだぞ! 俺にボールを集めろ! そうすれば勝てる!」

(1994年アメリカW杯の準決勝、スウェーデン戦にて。この直後、彼が決勝点を奪う)

c0030862_2014796.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-04-11 20:02