1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
カズと柴咲コウがポンズダブルホワイト
うーむ。忙しい。。すごく忙しい。。そして気が重い。。

とくに今あっぷあっぷ状態で抱えている仕事がどれも精神的にすごく重くて神経をすり減らされる類の仕事が多く、それでいて一つひとつにじっくり時間が割けないこともあってトラブルが続く。うーむ。けど負けてはいけない!グチはいけない!この久々に訪れた負の流れをなんとかプラスに転じて盆休みまでにすべて解決しなければ!!

その一方で、いま進めている仕事でなんと!学生の頃の僕にとって憧れの双璧であった“キングカズ”と“柴咲コウ”のインタビューがダブルで実現できそうです。学生時代はずっとマリノスのファンだった自分にとって唯一他チームの選手で無条件の声援を送ったのがキングカズでした、そして柴咲コウはポンズダブルホワイトのCMに出演していてまだ名前も知らなかった頃から「好きな芸能人は?」と聞かれると「あのポンズダブルホワイトのCMに出て『ファンデーションは使ってません!』って言う人」と答え続けてきました。ただひとつ大きな問題が。。インタビューが行われるのは来年の夏……たぶんもー会社にいないでしょうね(ノ_・、)


まーともかく明日のフットサルですべて発散してきます!!
c0030862_223512.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-07-29 02:23
日本代表メンバー発表
U−21日本代表候補のトレーニングキャンプメンバーが発表されました。

GK:松井謙弥(磐田)、西川周作(大分)、佐藤昭大(広島)
DF:廣井友信(駒澤大)、増嶋竜也(FC東京)、中村北斗、柳楽智和(共に福岡)、藤本康太(C大阪)、平岡康裕、青山直晃(共に清水)
MF:本田拓也(法政大)、増田誓志(鹿島)、谷口博之(川崎)、伊野波雅彦、梶山陽平(共にFC東京)、本田圭佑(名古屋)、枝村匠馬(清水)
FW:豊田陽平(名古屋)、カレン・ロバート(磐田)、苔口卓也、森島康仁(共にC大阪)、前田俊介(広島)

個人的には西川周作(大分)、中村北斗(福岡)、青山直晃(清水)、谷口博之(川崎)、梶山陽平(FC東京)の2010年フル代表のメンバー入りを期待しています。

弟分のメンバーが発表されると、兄貴分オシムジャパンの船出を飾るメンバー発表が楽しみでなりません。彼は会見でジーコジャパン時からのメンバーの変化が小さいだろうと言っていますが、ジェフとガンバと海外組の招集ができないトリニダード・トバゴ戦のメンバーは真新しいメンツになるのが必至。見逃せません!
c0030862_012352.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-07-26 00:11
僕は元気です。
以前のブログの中田ヒデ風メールで心配して個人的にご連絡をくださったみなさん、ありがとうございます。とくに状況が好転したわけではありませんが、僕は元気です。

元気なので先週末はフットサルの合宿に行ってきました。来年参加されたい方へのサンプルとして、自分自身への思い出としてスケジュールを記しておきます。


<2006年フットボールジャンキー夏合宿>

☆07月15日(くもり)
【09:40】JR東京駅に集合
(眠い&暑い。千葉の茂原までの長旅です)
【12:30】宿泊地「かねだや」到着&昼飯
(広くて古くて昭和を感じさせる家を一軒貸し切りって感じの寝床)
【13:00】4時間フットサル
(猛暑とヒートアップするゲームに耐えかねて末っ子すーさん吐く)
【17:30】宿泊地内の温泉&夕寝
(風呂はぬるい&狭い。苦笑。フットサル後バーベキュー前の仮眠は夢心地でした)
【18:00】バーベキュー&誕生日会
(もとよしさん大量の肉ありがとう!誕生日のみなさんおめでとう!)
【21:00】宴
(この宴のためだけにレンタカーで都内から深夜に参加し、翌日朝に帰る猛者も)
【27:30】就寝
(絶対誰かがたたき起こしにくるとビビっていたら予想外に朝まで安眠)

☆07月16日(くもり)
【08:30】起床&宿泊地で朝飯
(5時間寝たので体も元気。ご飯もお代わり)
【09:00】3時間フットサル
(2日間合計7時間プレイ完遂。感無量)
【13:00】九十九里浜&昼飯
(でっかい山を作ってトンネルを空ける。土で人を埋める。童心にかえる一時)
【18:00】都内解散

うむ。シンプルなスケジュールに濃密な時間。最高のメンバーたちとの合宿だけにとてもとても楽しめました。そして来年はこんなことやりたい、あいつも連れてきたい、と夢は膨らむばかり。……そのときの自分はなにやってるんだろう。。

↓血反吐を吐くほど厳しいと噂のジャンキー夏合宿風景の1コマ。
(肖像権の問題がないであろう義兄弟兼ジャンキー幹部のふたり)
c0030862_21221120.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-07-21 21:34
マテラッツィの、マテラッツィによる、マテラッツィのための大会
決勝は彼の独擅場でした。まさに86年大会のマラドーナのような唯一無二の存在でした。【1得点、1被PK、1ジダン退場】。……マテラッツィお前ってやつは。。

ということでリョウスケ的優勝チーム予想大当たり!!

どーもどーも。

個人的にはMVPはカンナバーロかブッフォンにあげるべきだったと思っています。
c0030862_20415826.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-07-11 20:42
毎度お馴染み『Ryosuke's Mail』
“旅とは人生であり、人生とは旅である”

俺が「サッカー」という旅に出てからおよそ20年の月日が経った。
3歳の夏、夏空のもと神戸のとある小学校の校庭の片隅からその旅は始まった。

あの頃はボールを蹴ることに夢中になり
必死でゴールを決めることだけを目指した。
そして、ひたすらゲームを楽しんだ。
サッカーボールは常に傍らにあった。

この旅が長い旅路になるであろうことは想像していた。
神戸の中学、高校、専門学校、そして社会人リーグの一員へ。
その後、自分のフットサル人生の大半を占めるであろう東京へ渡った。

フットボールエディターにも招聘され
日本中のあらゆる場所にいくつものサッカー本をおくった。

サッカーはどんなときも俺の心の中心にあった。
サッカーは本当に多くのものを授けてくれた。
喜び、悲しみ、友、そして試練を与えてくれた。

もちろん平穏で楽しいことだけだったわけではない。
それ故に、与えられたことすべてが俺にとって素晴らしい“経験”となり、
“糧”となり、自分を成長させてくれた。

半年ほど前からこのドイツワールドカップを最後に
約3年間過ごした仕事から引退しようと決めていた。

それなりの特別な出来事はあった。その理由もひとつではない。
今言えることは、サッカーという不変の旅は続けながらも仕事という面で“新たな自分”探しの旅に出たい。そう思ったからだった。

……なので!
だれか【サッカー×??】の【??】で良い職業があればご提案お願いします!あ、あと繋ぎに最適なバイトも。。サッカーそのものへの訴求力がどうしても力不足になってしまう書籍出版というジャンルを飛び出すことも視野に現在悩み中です。


追伸1:なにはともあれヒデ引退は残念。最後はJでその類い希な経験値を日本の選手たちに還元してほしかった。。

追伸2:ドイツW杯、我が優勝候補【イタリア】当選間近!!
c0030862_23433544.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2006-07-06 23:43
オシム問題の理想型
祖母井さんはじめ、ジェフにオシム監督を連れてくる際に中心となり、今回のオシムを代表監督にという動きに対して僕としては最大の発言権を与えてあげたい方々の深い考えなどを聞いていないという立場で、あえて僕の意見を言わせていただくと、

現在もっとも濃厚(あるいはすでに決定?)だと言われている、『オシム監督は日本代表の監督に就任。ジェフの後任監督にはオシム監督の長男のアマル・コーチ』という結論が一番ベストではないかと常々思っておりました。

ジェフの熱心なサポーターにとってはあるいは残念な決定かもしれませんが、日本の大多数のサッカーファンにとってオシム氏の日本代表監督就任は待ち望まれた人事であり、オシム氏もこれまでのコメントから推測するにそれを望んでいるように感じます。またジェフ・サポーターにとってもオシムジャパン誕生が実現すればジェフの中心選手の代表入りは十分考えらる流れであり、そのこと自体は喜びであると思います。
その一方でジェフの内部人事に関しては、監督にはまだ39際と若いアマル氏が就任し、少なくとも今年いっぱいはオシム氏が積極的にアマル氏にアドバイスを与えるという関係を作ります。ジェフとしてはF.K.ゼレズニカル監督としてリーグ戦2回の実績も持っている若く優秀なアマル氏との長期政権確立を目指し、そして2010年以降にオシム氏が代表監督辞任となった場合、最大の発言権を持つ大物としてクラブのフロント入りを実現させるという理想像を目指す。

もちろん日本サッカー協会に対する不満はまた別の話であり、責任の追及は必要ですが、僕はこれが日本のサッカー界にとってはベストな選択な気がします。


話は変わって、ワールドカップ準々決勝面白かったですね!4強は【ドイツ】【イタリア】【ポルトガル】【フランス】となったわけで、僕的にはドイツのみ予想外。優勝候補に指名しているイタリアが次戦で叩きのめしてくれることを祈ります!
ちなみにこの週末の準々決勝、僕は「ドイツ×アルゼンチン」はアルゼンチンファンが集まる渋谷の『ディエゴ』で、「イタリア×ウクライナ」は行きつけの千駄ヶ谷の「ディスコパンツ」で、「ポルトガル×イングランド」はJ2カズの試合を観戦後に新宿のアジア居酒屋で、「フランス×ブラジル」は自宅で観戦しました。どの試合も楽しかった!!
[PR]
by takeoverproject | 2006-07-02 17:20