1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2007年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
日韓戦。
イ・ウンジェはすばらしいGKですね。

悔しさと残念さがないと言ったらウソですが、僕は引き続きオシムを
信じます。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-30 02:10
水を運ぶメディア
その後のオシムに対するメディアなどの反応を見て、色々物申したくてストレスがたまっていたのですが、忙しくて長々と書く時間がない……と思っていたら、小田嶋隆さんが代弁してくれました↓
http://takoashi.air-nifty.com/diary/2007/07/post_2a3f.html

オシム監督になってからの日本代表の練習を視察に行くとよくこんな場面を目にします。行っている練習の意図どころか、内容すら把握できずにまわりに聞いてまわる多数の記者。人気女子アナのお尻ばっかり追いかけてる少数の記者。。
そんな人たちにアジアカップ中の日本代表のトレーニングが明らかに勝ちに行く重要な試合前の調整が目的のトレーニングではなく、その先を見据えたハードなトレーニングであったなんて気づくはずもない。

オシム爺がこんな状況に嫌気がさして辞めちゃわないことだけを切に願う。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-27 13:49
サウジ戦を終えて
まぁこんなもんでしょう。悲観する必要はないと思います。
2010年W杯に向かってオシムファミリーは成長過程ということです。

今大会、日本に足りなかったと感じるのはドリブラーとストライカー。そして闘莉王(の闘志)。
ドリブラーはいます。松井に(もう少し成長して好不調の波をなくした)水野に梅崎に家長に。もちろん闘莉王もいます。

ただストライカーは……。
やっぱり高原は良いFWではあるけどストライカーではない。苦しい試合で点が取れない。今日も3度はあった決めるべきチャンスで完全に浮き足立ってましたし。

オシムの自著でこんな一文があります。日韓W杯決勝のドイツについて。
「あの最高の試合において、ドイツには個人技を持った選手が欠けていることを彼ら自身も分かっていた。そして、ドイツは終始コレクティブなプレーを貫き、最後の最後で、優れた個人技を持った選手、つまり、シュートを打ちゴールを決め、勝利をもたらすような選手がいたらなぁという局面まで持ち込んだ。そんな選手がドイツにいたら、世界王者になっていたかもしれない」

アジア杯ベスト4。まだまだ伸びる要素を残しながら現時点でもW杯アジア予選を突破する力を見せてくれたオシムファミリー。

あとは2010年W杯本大会にも期待を持たせてくれるストライカーが出てきてくれたらなー。。

とはいえこの結果を持ってのオシム辞任なんて結果だけは絶対避けないと。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-26 01:27
続・無計画さを悔やむ
c0030862_15343147.jpg

先週末の結婚式は新幹線の始発に乗り込みなんとか無事時間前に会場の神戸ポートピアホテルに到着。久しぶりの再会にも関わらず神戸高塚高校サッカー部メンバーの以心伝心は相変わらずで、着いた早々「どこのマフィアやねん!」というツッコミに始まり、終いには組長と命名されて落ち着きました。とはいえ友人代表のあいさつも新郎新婦はじめ参加者みんな喜んでくれたようで大成功。

そしてやっぱり昔の仲間も良いもんですね。もちろん今のフットボールジャンキーの仲間も僕にとっては特別な存在ですが、基本的に集団に属するのが苦手な僕にとって、3年間も四六時中ずっと一緒にいたメンバーというのは後にも先にも彼らのみ。

ではここで自分の中での懐古の意味を込めて想い出のエピソードを3つ振り返ります。お暇な人だけお付き合いください。

まずは総体的なエピソード。
僕らの高校のサッカー部は県内でも強豪といわれる実力があったのですが、顧問が厳しかったこともあるのか、とてもアットホームで笑いが絶えず、和気あいあいとした和やかな集団でした。ミスを指摘しあうのではなくミスをかばい合うようなチームでした。
たまに翌日が1日オフの日なんかがあればみんなで総合運動公園というだだっ広い公園に夜中忍び込み、朝までギターを片手に歌いながら騒ぎながら語りながら。
部活がある日もない日も常にサッカー部の誰かと一緒でした。

そして面白エピソード。
大事な大会の決勝戦。会場は久々に芝のピッチのいぶきの森。初夏の蒸し暑い環境の中、メンバーみな気合いが入り試合前のトレーニングにも力が入ります。そんな中、一際気合いが入っていたのがDFのノガミ。彼曰く「絶好調。今日は人生最大に高く飛べる!誰よりも高く飛べる!」とのことで、移動の際はすべてジャンプという気合いの入りよう。そしてそのノガミが破れて大きな穴の空いたフェンスを得意のジャンプで飛び越えようとしたその瞬間、高く飛び過ぎた彼の体はフェンスの上の部分に額をぶつける形で逆上がりの要領で半回転。そしてそのまま落下。結局彼はチームメイトは誰もが認める人生最大に高いジャンプをフィールドでは披露することなく、鼻血を出して鼻にはティッシュを詰め、蒸し暑い中なぜか「寒い……」とひとりブルブル震えながらチームメイトの服をたくさん着込み、試合を見るでもなくずっと俯きながら親が迎えに来るのを待ってました。ちなみに思わぬ形で主力を失い動揺を隠しきれない我がチームは当然のように神戸弘陵に破れました。もひとつちなみにノガミはケロッとした顔で翌週の練習には参加してました。

最後に感動のエピソード。
僕は一時期、より低くより早いパントキックの改良を試みたもののなかなかうまくいかず、イライラしていた時期がありました。
そんなイライラモードが頂点に達したある日。自分自身への腹立たしさもありなぜかチームメイトにも練習中に終始喧嘩腰でギクシャクムード。
練習終了後も自分の世界に入り込み、晩飯も食べずにひとり真っ暗になるまで自主練習。帰りの電車も危うい時間になりそろそろ帰ろうかと部室に戻ったところ、別にお前を待ってたわけじゃないという雰囲気は醸し出しながらも数時間も部室で待っててくれた仲間たちがいました。
ちなみにこの日の帰り、“大事な公式戦で長田高校と間違ってひとり長田工業に向かって試合に間に合わなかった”という過去を持つ天然キャラのオオタと話ながら最寄り駅に向かっていると、ふとオオタが手ぶらなことに気づく。「オオタかばんは?」「あ!」……あわやほんとに終電を逃すかという事件もありました。

あー懐かしい。そんなメンバーもいまや警察官、消防士、教師、介護士、整備士、整体師……それぞれの世界でがんばってます。
そうだ!みんなを順番に東京に招待しよう!!
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-24 15:15
無計画さを悔やむ
いま仕事の徹夜明けです。。

明日の朝から高校のサッカー部時代の友人の結婚式なのでいま頃は新幹線の中という前々からの淡い期待は虚しく、いまから今日いっぱいで別件の仕事を片づけなければ。。がんばれ編集長!!

今日の夜に関西で予定していた仕事の打ち合わせもキャンセル。。

結婚式には明日の始発で行けば間に合うかな?友人代表でしゃべらないといけないのだけど何も考えてない。。奥さんの名前なんだっけ。。

そしてさらなるミステイクは先週ちょっと時間が空いたので髪をバッサリ切ってしまい、それだけでは味気ないと大胆なカラーまでしてしまい。昨日そーいえば日曜結婚式だったなと結婚式くらいしか着ることがないスーツを引っ張り出して着てみたところ……我ながらコワイ。。コワスギル。。マフィアだ。。むしろ狂気の殺し屋だ。。今年はアウトドアに徹した週末のお陰で体中真っ黒に日に焼け、睡眠不足で眼光鋭く目の下にはクマ。とはいえ愛用の金の時計も金のアクセサリーも断固外すわけにはいかないわけで。。

はたして友人代表がマフィアで良いのだろうか。。

ごめんよ、新郎。。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-21 12:48
久しぶりに大衝突 =3
今日は久しぶりに社長と大衝突。何ヶ月かぶりに社内に緊迫した空気が走りました。苦笑。

一時の人手不足の際には社長自ら本作りに関わっていたため同じ作り手として互いに共感し始めていたのだけど、体制が整って本来の経営者に戻った途端に意見の相違でポツポツと小さな衝突が起こり、積もり積もって大衝突。。

本作りに可能な限りお金をかけて良いものを生み出し可能な限り制作関係者に還元したいという作り手の意見と、ただただ削って削って削れという経営者の押し付け。

もーこれはどうにも相容れない問題ですし、これまでだと「ケチケチ社長め!こんな会社辞めてやる!」と簡単に逃げることもできるのですが、いまの編集長というポジションを考えるともう少し大人になるべきなのか。けどそもそもケチになることが大人になることなのか。そんなちっぽけな大人にはなりたくない。

「そんなはした金自腹で出すわい!」と言えるお金持ちに早くなりたい。そもそもそんなセリフが言えるなら自分で会社をやってるか。。けどそんな太っ腹社長で経営はうまくいくのか。

近い将来、遠い将来の不安は拭えない。。

うーむ。そもそもの本作りも難航中のものが多いわけで、ここ2、3週間ぐっすりと眠った覚えがないわけで……胃が頭がキリキリと痛い。。

……たまには弱音も吐かせてください(はぁと)。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-17 23:14
思わぬプレゼント☆
現在ラグビー本の制作でかなり切羽詰まっているのですが、昨日はレッズ本の打ち上げでお気に入りのお店、渋谷のエスタディオ(http://www.sskamo.co.jp/estadio/index.html)へ。

元Jリーガー&MBAホルダーの西野さんと世界各国のビールを味わいながら色々お話ができただけでも大満足のひと時だったのですが、なんと!なな、なんと!西野さんより感謝の気持ちだとレッズのユニフォームをいただいてしまいました☆西野さん着用&選手使用の貴重な記念ユニフォーム。

これはもー、額に飾って家宝にしなければ!……と言いたいところですがどんな貴重なユニフォームでも普段着にフットサルにと着回すのが我がポリシー。思う存分着回させていただきたいと思います。

ただし!12番を背負ったレッズユニに身を包む僕に出会ったみなさん、レッズは好きですが、別に堤のファンというわけではないのでお間違えのないように。
c0030862_003259.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2007-07-12 00:04
アメフトW杯
c0030862_2344324.jpg

現在日本でアメフトのワールドカップが行われていることはみなさんご存じでしょうか?そして過去2大会は日本が連覇してることはご存じでしょうか??そしてそして今大会はついにあのアメリカが参戦していることはご存じでしょうか???

日本の侍魂を受け継ぐ者&スポーツファンとしてはこれはかなり熱くなる大会です。そして下記にて熱いイベントが行われます。

情けないことに小生は今週〜来週が最多忙期&翌日の朝がとても早いという諸事情によりまだ参加は未定ですが、予定が空いてる方には翌日からの順位決定戦とセットでぜひ参加していただきたい!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

アメリカンフットボールを愛する皆様へ

===第3回アメフトワールドカップ前夜祭のお知らせ===

第1回、第2回のアメフトWC優勝のジャパンメンバーに敬意を評し、
そして、第3回のジャパンメンバーおよびスタッフに熱いエールを送る、
アメフトジャパン優勝祈願&前夜祭を以下のとおり開催します。
アメフトを愛する皆様、熱い夜の宴に、ぜひご参加ください。

【開催概要】

■日時:
 ・7月13日(金) 20:30〜24:00

■場所:
 ・【ザ・トウキョウレストラン】 3F 南北線 南麻布駅徒歩8分
 ・HPアドレス http://www.thetokyorestaurant.com/
    
■前夜祭内容:
 ・過去2回のジャパン優勝メンバーを改めて紹介&リスペクト
 ・決勝当日のジャパン応援グッズを抽選でプレゼント
 ・決勝戦 25名様 自由席チケットプレゼント 大抽選会
 ・イタリア、ドイツワールドカップ、ダイジェスト映像の放映
 ・初のNFLプレーヤー誕生!?木下典明インタビュー(交渉中)
 ・決勝戦(順位決定戦)当日の盛り上がり、勝手に予行練習
 ・チアリーダー ダンスショータイム

■会費:
 ・一般 5000円(税込)
 ・学生 3000円(税込)
  ※フリードリンク+軽食

■参加予定人数 100名

■予約お申し込み および 問い合わせ先
 ・ご来場いただける方は、以下のメールアドレスに御名前と人数をお書きのうえ送信してください。

wcjapan0713@aol.com

■企画:運営/アメフトジャパンを愛する 急造私設応援団
※日本開催を記念し元ジャパンを中心にしたアメフトを愛する同志です。
〔山田晋三 有馬隼人 秦英之 庄子達郎 八尋崇之
 吉田大介 宮本健一 池之上貴之 代田昭久 他〕



■BBS開設しました。
 http://groups.google.co.jp/group/WCJapan0713/?hl=ja

○注意事項
・前夜祭は、日本チームの予選での成績に関わらず実施します。
・オフィシャルな前夜祭ではありませんので、今大会出場選手は来場することはありませんので、予めご了承ください。
・来場者予約者が100名を超えた場合、それ以降に御申し込みをされた方、および、事前にご予約がない方は、東京レストラン2Fもしくは別フロアー(前夜祭会場はその上の3F)となる可能性がありますので、なるべくお早めにご来場の予約申し込みをお願いいたします。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-09 22:55
借金完済
本日会社のボーナス交渉が行われました。提示額は給料×2.5倍。それがいまの僕の評価ならと30秒でボーナス交渉終了。ここで交渉をしかけないあたりが僕の悪いところかもしれませんが、まーこんなもんでしょう。

とはいえ、お金があるとハングリー精神がなくなって仕事に影響するかもですし、20代は苦労し、貧乏であるべきだ。決して借金まではせず、お金があるなら自分の経験に投資するべきだ。

ということで、編集長に就任後初のボーナス。出世払いで!と親に借りていた過去2回の引っ越しの頭金を利子付けてお返しすることにしました。まー一応出世もしたわけですし。

というわけで、引き続き貧乏なのに散財グセのあるわたくしですが、今後ともみなさまよろしくお願いします。ペコリ。
[PR]
by takeoverproject | 2007-07-07 00:57
ケニアサッカー協会からの依頼
青年海外協力隊としてケニアのカカメガで活動しているフットボールジャンキーのメンバー“世界の青木”ことあっちゃんの存在はこのブログでも何度か紹介しましたが、今回はそんな彼からとても素晴らしい提案がありました。それはなんと、

「ケニアサッカー協会の新しいロゴマークをデザインして欲しい!」

とのこと。そもそもこの経緯としては、あっちゃんに頼まれて我がフットボールジャンキーのロゴ(図1)をアレンジして作った【カカメガサッカー王国】という“カカメガでサッカーを盛り上げよう”というプロジェクト用のロゴ(図2)を作ったのが発端。
c0030862_16321950.jpg

ケニアで審判の資格を取ったりとケニアサッカー界で精力的に活動しているあっちゃんが【カカメガサッカー王国】の活動をケニアサッカー協会に報告に行ったところ、協会の事務官がそのロゴをとても気に入り、それをベースにケニアサッカー協会のロゴも作ってくれないか?と提案してきたそうです。そして先方の提案は、
1、文字を変更する(※2パターン)。
2、ライオンの上の王冠を「サッカーボール」にする。
3、ライオンをオスライオンのように、タテガミを追加する。
4、しっぽを1本にする。
※ケニアサッカー協会は長い間不正が続いていて、「KENYA FOOTBALL FEDERATION」だと、悪いイメージが定着しているため、 名前も体制も一新することを事務官が主張しているらしくて、その意見が通れば名前も「KENYA NATIONAL FOOTBALL ASSOCIATION」に変更になるという背景があるため。

じゃあさっそく僕が作ります!……と言いたいところですが、そのレベルまでくるとデザイナーとしては二流の僕の範疇を超えてるわけで、そもそも原型となるデザインもジャンキーメンバー兼デザイナーのM代にイメージを伝えて作ってもらったわけで、今回も外注。で、仕上がったのが下記、
c0030862_16324262.jpg

うむ。ジャンキーのロゴの原型も残ってるし、先方の提案にも忠実だし、完璧。

とはいえ、政府のサッカー協会への介入により2006年ドイツW杯予選で出場停止を受けるなど長い間不正が続いていたサッカー協会で生まれた話。実現するかはケニアサッカー協会の今後の新たな取り組みへの本気度と、あとはあっちゃんの腕次第というところでしょうか。

とはいえ実現したらすごいことですね☆

ぜひフットボールジャンキーが原型となったロゴの採用とともにケニアサッカー協会の体制も一新し、躍進の大きなチャンスが詰まっている2010年南アフリカW杯で台風の目となってもらいたい!

みなさん、2010年南アフリカW杯アフリカ予選で応援すべきは、エトーがいるカメルーンではなく、ドログバがいるコートジボワールでもなく、もちろんアデバイヨルがいるトーゴでもなく、ナントで9番を背負うストライカー、デニス・オリエクのいるケニアです!ちなみに下記が現在のケニアサッカー協会のロゴ。
c0030862_1921913.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2007-07-05 16:33