1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
「ソニー×フットボール」クライマックス
時の経つのは早いもので、もう11月も終わり。ソニー×フットボールのイベントも、残すところ今日を入れてあと3日となりました。大事な義兄弟の結婚式で僕が最終日に駆けつけられないのが残念ですが、明日、明後日の最後のイベントは下記の通り。

【11月29日(土)14時〜】
Jリーグ公式戦パブリックビューイングを実施します。 大型スクリーンでの観戦をお楽しみください!
■対戦カード : 未定
■パーソナリティ : 中村義昭氏(ジャンボさん!)、福永泰氏
※入場は先着50名様とさせていただきます。
※映像協力:スカパーJSAT株式会社

【11月30日(日)13時30分〜】
ゲストにサッカー解説者の北澤豪さんと中西哲生さん、またサッカーファンとして知られるタレント片瀬那奈さんをお招きし、対戦カードなどを見ながらの「FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2008 開催記念トークショー」を開催。
また、KDDIから近日発売となるアディダスの歴代公式ボールをあしらった「FIFAクラブワールドカップ公式ケータイ」の紹介、発表されたばかりの今年の公式ボール「TERRAPASS(テラパス)」と、優勝トロフィーの展示も行なっております。
※入場は先着50名様とさせていただきます。
※16時からはハイビジョン映像・3D映像を放映します。

僕自身このイベントを通して、今の自分にできることできないことを改めて認識でき、いろいろと勉強になりました。僕はまだまだできないことだらけの未熟者です。
そして改めてこういったイベントを主催してくれたソニーに感謝するとともにリスペクトを抱きます。銀座のセレブたちがふらっと立ち寄ったソニー銀座で何気なくサッカーに触れる。本当に素晴らしい試みです。
サッカーをなくてはならないものとして日常にもっともっと定着させるため、僕もさらに切磋琢磨しなくてはと決意する今日この頃です。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-28 19:39
編集者としての2008年を振り返って
c0030862_20255280.jpg

本日、出版界でいう12月刊行ものの、いとうやまねさんサッカー本(上記カバーだけ掲載します。詳細はまた発売間近に!)の印刷までの全行程を終え、2008年ものの仕事をすべて終えました。とはいえ実際は来年1月もののサッカー本の作業に年末ギリギリまで没頭するわけですが。。

そこで、2008年の自分の仕事を軽く振り返ってみました。

今年僕が編集を担当した書籍は全部で11作品。サッカー本が8タイトル。ゴルフ本が2タイトル。野球本が1タイトル。総計で刷った部数は12万5000部(うち4万部は重版)。

12月に重版予定の作品もいくつかあり、この出版不況を考えると上々の数字です。これもすべて著者の皆さんほかこの本に関わっていただいたすべての方々のご尽力のお陰です。この場を借りて改めて御礼も仕上げます m(_ _)m

一方、今年の大きな反省点は下記の2点。

まずは実売部数(実際に売れた冊数)。正確な数字までは出せていませんが、刷り部数の50%は突破できていないと思います。刷った部数を基準に考えがちな出版界ですが、当然のことながら大事なのはどれだけ多くの人に読んでもらえたかです。この点は毎年直面している課題であり、引き続き既に出版している本の販促活動を根気強くより効率良くがんばることで少しでも数字を上げたいと思います。

そしてもう1点が今年ぶつかった新たな課題。実は今年、中林発案の企画は1冊もありません。すべて「こういう企画をやらない?」というお話をいただいた上で著者と一緒に作り上げた作品です。もちろんこうやってたくさん企画のお話をいただけるのは編集者冥利に尽きるという話で大いにやりがいもあるのですが、良い企画を自ら生み出すのも編集者にとっては大事なことであり、まだまだ自分が編集者として未熟なことを象徴する課題だと思います。

さらに編集長という肩書きがついてもうすぐ2年。来年こそは個人ではなく会社の目線に立った編集長らしい仕事もやらなければと考えてもおります。

自分にできることできないこと、長けていること欠けていること。いろいろ見えてきた、忙しいけど充実した2008年でした。

この連休明けからは、いざ2009年の戦場へ!
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-21 20:25
「ドーハの刺激」
2010年南アフリカW杯アジア最終予選。
アウェイのカタール戦。この予選一番の山場。

3対0の快勝。

確かにカタールに怖さはありませんでした。
GKが一流だったら3点ともなかったかもしれません。
それでも今日の日本はスピーディーで、したたかで、気迫も感じられました。
この日本代表であれば寝不足の入稿日に夜更かしした甲斐もあります。

中村俊輔は待ちに待ったなでしこのキング澤的な存在に近づいています。
闘莉王は柱谷を超える闘将になれると思います。日本一の気迫と得点力。
玉田には2006年ドイツW杯ブラジル戦先制点の時のキレを感じました。

次のホームのオーストラリア戦もこのサッカーできっちり勝てたら、
岡田さん、僕はあなたを信じてみようかと思います。
それがたとえ中村俊輔の力であっても、結果が出れば文句はありません。

GO FOR 2010 !!

追伸:2010年よりもっともっと先の話ですが、俊輔には横浜FM→セルティックと監督を務めてから、メガクラブの指揮を経て、将来的に最後は日本代表監督に就任してもらいたい。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-20 03:47
『Sony×Football』
c0030862_184566.jpg

僕自身、イベント立ち上げの頃から企画の輪の中に入れていただき、イベントの成り立ちというものをいろいろ勉強させてもらったソニー主催イベント『Sony×Football』が今日からついに動き始めました。
----------------------------------------------
【開催日】
1st Half:2008年11月17日(月)〜11月23日(日)
2nd Half:2008年11月25日(火)〜11月30日(日) 
Haif time:11月24日(月・祝)はお休み

【開催場所】
銀座ソニービル8階 コミュニケーションゾーンOPUS
(銀座駅B9出口直結)

【開催時間】
11時〜19時

【公式サイト】
http://www.sony.co.jp/united/football/
----------------------------------------------
上記の日程で“入場無料”で開催中です。僕がぜひ一見の価値があるとオススメしたいのは「FIFA公式大会3D映像」。今年開催されたビーチサッカーW杯のダイジェストがまさかの3Dで体感できます。もはやソニー銀座がサッカーテーマパークと化しています。

また開催期間の週末はイベントも多彩です。


【11月22日(土)】・サッカーゲームイベント
10対10のオンライン対戦モードが特徴のPLAYSTATION3ゲームソフト「FIFA 09 ワールドクラス サッカー」を大型スクリーンで迫力の対戦が楽しめます!

【11月23日(日)】・サッカー番組イベント
「サッカーを知らなくても知っておくべきドラマがある」をテーマにテレビ朝日にて放送中のサッカー番組「S -THE STORIES-」。これまで放送した番組から厳選した至極の10エピソードを一挙公開します。

【11月29日(土)】・サッカー観戦イベント
Jリーグ公式戦のパブリックビューイングを実施します。大型スクリーンでの観戦をお楽しみください!

【11月30日(日)】・サッカートークイベント
サッカー解説者、サッカー好きタレントなどをお呼びしてトークショーを開催予定。FIFAクラブワールドカップの公式球なども展示予定です。


今日は先だって記者会見にお邪魔してきました。いま最も旬なアスリート錦織圭選手もゲスト出演するとあって集まったメディアはざっと100人。いつも週末起きてなんとなく見てしまう番組「王様のブランチ」からも取材が来てました。至極個人的な感想としては中西哲生さんや永島昭浩さんともご挨拶をさせていただきましたが、どちらも男前で驚きました。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-17 17:58
理想のサッカー雑誌
オシム氏が表紙で現在発売中の「Number」が非常に面白いです。登場するメンツがとにかくすごい。同業として素直に編集者の仕事に拍手を送りたいです。久しぶりに食らいつく勢いで雑誌を読みふけりました。もしあそこに岡田監督のインタヴューまで加わってたら完璧でしたが。

僕もやっぱりいつかはサッカー雑誌の編集もやりたいです。書籍には書籍の良さが、雑誌には雑誌の良さがあり、僕はどっちも味わいたい。信頼できる編集者を集められれば雑誌と書籍の両立も十分可能だと思っていますし。

コアなファンとライトなファン両方の獲得はもちろん、子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで家族みんなで回し読みしちゃうような雑誌が理想的。速報性をウリにするのではなくあくまで企画勝負。スポーツの枠すら飛び越えて、一流のエンターテインメントとして成り立ってしまっている。そんな雑誌を創刊から立ち上げて成功させたい。

そのためには、まだまだ、まだまだ全てにおいて勉強不足。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-13 02:51
なぜに!
オバマ大統領誕生ですか。僕は全然政治に無頓着ですが、1度しか訪れたことのない国の会ったこともない彼の演説はすんなり心に入ってきます。力強く、わかりやすく、そしてなにより熱い。
なぜに日本の偉い政治家の言ってることは僕の耳にすら入ってこないのか?

アジアナンバーワンのサッカークラブの座を決める大会、アジア・チャンピオンズリーグ。ガンバ大阪が決勝の第1戦(ホーム&アウェイのホーム)で3対0の圧勝。素晴らしい試合運びで優勝の現実味を高めました。
なぜに日本で地上波の生放送がなく、メディアの扱いもこんなに小さいのか?

次から次に優秀なストライカーが生まれるサッカー王国ブラジル。Jリーグでは6年連続となるブラジル人得点王の誕生が濃厚です。
なぜに日本人は決定力不足という病に侵されるのか?

というわけで、『サッカー王国ブラジルに見る「決定力」育成法』満を持して発売です。お付き合いが6年目を迎える現在も僕自身いろいろ学ばせていただいている下田さん&マリーニョさんの集大成。とても良い出来栄えのカバーデザインとあわせて店頭にてお確かめください。

以上。宣伝ブログでした。おそまつ。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-06 01:50
青い波乗り
明日はナビスコカップ決勝、大分×清水。

どちらも良い若手が多いので注目しているチームではあったのですが、今回の決勝のために様々な手段で大勢上京する大分サポーターの友人たちの熱い想いに感化され、明日は大分サポーターとして観戦します。青い波に乗っかります。楽しみだ。

2008年11月1日13時35分キックオフ。
テレビの生中継もあるので皆さんお見逃しなく。
[PR]
by takeoverproject | 2008-11-01 00:46