1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2008年サッカー本大賞
c0030862_1535869.jpg

『股旅フットボール』が「本の雑誌」1月号の特集「2008年度ベスト10」にて“今年のサッカー本大賞”として取り上げられました!パチパチ!!

宇都宮さん、ありがとうございます。大いに販促にご協力いただいた友人の皆様、ありがとうございます。そして祐保さんや宮迫さんほか、販売に尽力していただいた皆様ありがとうございます。

お祖父ちゃんはこんな素晴らしい本作りに携わっていたんだよと将来孫たちに自慢します。

そして同等の評価をもらえる本をもっともっと生み出すため、あるいは同等の評価をもらえるはずの作品をもっともっと広く知ってもらうため、即刊本の販促活動と、来年刊行以降の良い本作りがんばらなければ!とりあえずは目の前の超大作、欧州クラブ雑学本を年明けまでに良い本に仕上げなければ!

そしてあのマンユー相手に真っ向勝負を挑んで生き生きと躍動していたG大阪のように、大手版元に、そしてサッカーという枠を超えたすべてのジャンルの書籍に、真っ向勝負を挑んでいきます!目指せジャイアントキリング!!

注:連日のアルコールと寝不足により変なテンション。
[PR]
by takeoverproject | 2008-12-20 02:11
年末年始の予定@編集者中林
マンユーファンだし、今年で日本開催最後だし、行きたいなとは思っていながら気づけばチケットが売り切れていたクラブワールドカップ。結局、17日&18日の準決勝、21日の決勝すべて観戦できることになりました!18日は関係者と共にソニー銀座の大型ビジョンでの観戦ですが、むしろ新鮮で楽しみ。ガンバのがんばりが楽しみだ。お誘い&手配してくださったアンディ&ゲルさんありがとうございます m( _ _ )m

平行して、仕事は年末年始で骨太な欧州サッカー雑学本を1冊入稿。そして引き続き既刊本の販促に尽力&戦略練りこみ。仕事&プライベートでは忘年会&新年会のラッシュ……平均週4。今年は関西への帰郷を諦めて都内で年末年始を過ごすことにしました。

また年明けの「毎年恒例!中林主催サッカー関係者フットサル&新年会」は、フットサル軽視(まではしてないですが)を反省し、1月24日(土)開催の予定で練り直します!親しいサッカー関係者の皆様、詳細しばしお待ちください。

あわよくば丸1日映画鑑賞&フットボールマネージャー三昧の日が作れれば、年末年始しっかり休めたと満足することにします。

行けたら年内飲みましょう!と話していたままになってしまっている皆様、年明け必ず!

関西の皆様、1~2月に仕事が落ち着いたら有給とってそっちに帰るので会いましょう!

それでは皆様、良い年末を!
[PR]
by takeoverproject | 2008-12-16 03:00
サッカー関係者
物心ついた頃から「サッカー好きはみんな友達」というスタンスで生きてきた僕は、サッカーに関わる仕事をしていたり、趣味で毎週末スタジアムに通っていたり、毎週末ボールを蹴っていたり……そんなサッカー好きをみんなひっくるめて“サッカー関係者”とまとめてしまって呼ぶ事が多いです。

で、今月は忘年会だ何だかんだでほぼ毎日サッカー関係者とお酒を飲む日々です。楽しい日々、勉強になる日々、刺激に溢れる日々。

そして最近特に大きな刺激をいただいたのが植田朝日さん。これまで何度か挨拶程度はしていたものの、飲み会の席で熱く語り合ったのは今回がはじめて。
恐ろしく活動的で、情に熱くて、そしてなにより心底サッカーが好きな人でした。僕なんかはまだまだ遅れをとっているものの、やりたい事や目指している方向性が近く、言葉のひとつひとつが勉強になりました。

http://corazon-syacho.blog.players.tv/article/24179026.html

2008年もあと僅か。また来年も中林主催“サッカー関係者”フットサル&新年会を開催し、1年の出発点にしたいと思います。親しいサッカー関係者の皆様、2009年1月10日(土)池袋開催の予定で考えております!(Fリーグ@広島開催とかぶってます。。フットサル関係の皆様ごめんなさい。。)

c0030862_2365050.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2008-12-13 04:32
最高の結婚式
c0030862_22564871.jpg

義兄弟の契りを結んだ三兄弟二人目の結婚。

まるで映画のワンシーンのような風景。

結婚式で初めて何度か泣きそうになる。
「おいおい、お前はそんなキャラじゃないだろ!」
と自分にツッコミを入れてなんとかこらえた。

最高の結婚式、二次会、そして三次会、四次会、五次会。
気心の知れたフットサル仲間たちと延々乾杯を繰り返す。

翌日、二日酔いの気怠さの中、映画「IN HER SHOES」が観たくなった。

Photo by AYAKO SUZUKI
[PR]
by takeoverproject | 2008-12-05 22:57
誰かに話したいちょっといい話
ついに「サッカー 誰かに話したいちょっといい話」(いとうやまね/著 定価1,365円)が発売となりました。

サッカー専門新聞エルゴラッソの人気コラム『世界サッカーの風景』を大幅に加筆した本作は、世界中のサッカーファンに焦点を当てて、その国のサッカーを絡めた日常生活の様子、その国らしさといったことを浮き彫りにした一冊。

通常のサッカーの試合評や一流選手のインタビューでは味わえない、その国の路地裏に漂う空気を感じられる内容なだけに、ぜひ全然サッカーに興味のない皆さんにも読んでいただきたい。読後、温かな気持ちで満たされることをお約束します。

第一章 サッカーの揺りかご【ヨーロッパ1】
「教会の裏庭で」 イタリア
「誇り高きワンゴール」 ドイツ
「カタルーニャのマイノリティー」 スペイン
「エディと僕とリーズユナイテッド」 イングランド
「宝物のボール」 トルコ
「隣国から愛を込めて」 アイルランド
第二章 路地裏の友たち【中南米】
「英雄のその後」 ブラジル
「YAMAへ行こうよ」 パラグアイ
「カミロのTシャツ」 ペルー
「ボカかリーベルか」 アルゼンチン
「コロンビアの太陽」 コロンビア
「バロンチット86」 メキシコ
第三章少年たちの熱い風【アフリカ】
「サバンナを突っ切れ」 ガーナ
「壁の写真」 ケニア
「シーハおじさんとの攻防」 チュニジア
「ファラオの息子たち」 エジプト
第四章遥かなり故郷【ヨーロッパ2】
「シャヒンおじさんのスタジアム」 コソボ
「ディビジョン8からの挑戦」 ノルウェー
「スパルタク・メディック」 ロシア
「スターチームがやって来た」 ポーランド
「弱いチーム」 イスラエル
第五章懐かしき我が家【アジア】
「戦場のフットボール」 イラン
「ザンブラの実のなる頃」 バングラデシュ
「優勝賞品」 韓国
「黄昏の二丁拳銃」 日本

下記は中林作成の販促用のデザイン。先週観た映画「ファクトリー・ガール」に影響を受けて、アンディー・ウォーホール風です。笑
c0030862_1814464.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2008-12-04 18:02