1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2009年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
関係者の皆様!
数年振りにケータイからの更新です。

お仕事関係の皆様、じつは中林が数年愛用してきたマッキントッシュG4が昨晩突然お亡くなりになりまして。。

たぶん電源部分のみの故障で全データが無くなってはいないだろうとのことでとりあえず一安心ですが、すでに正規ルートでは部品が販売されていないクラシックなパソコンだけに復旧に一週間ほどかかる可能性があります。

仕事に関わるあらゆる事柄をあのパソコンを通じて行なっていたため一定期間、多方面の皆様に色々ご迷惑をおかけしてしまうかと思いますが何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げますm(._.)m
[PR]
by takeoverproject | 2009-08-27 14:00
プロフェッショナル
レンタルの映画やスカパーのサッカーは見れど、あんまりテレビは見ない私、中林。そんな僕が唯一番組表まで確認しながらよく見る番組が「プロフェッショナル~仕事の流儀~」です。

http://www.nhk.or.jp/professional/index3.html

番組に登場するゲストは、誰もが認める、その道のプロたち。先日も「逆境からの復活スペシャル」を見て最近湿気気味だったやる気に火をつけてもらったところです。そしてこの番組の最後に必ずゲストに送られる質問が「あなたにとってプロフェッショナルとは?」。まだ僕にはこの質問に対して確固たる自分の言葉がないし、第1回から気になる回を見てきても、なかなか100%共感できる答えに出会えませんでした。そんななか、初めて心にすっと入ってきた言葉が、第45回の下記でした。

「いや、半分素人の方がいいんですよ。それは自分が選択して、自分がプロだからやるんじゃなくて、自分がこれをやりたいからやっているんだっていう。やっぱり精神の方が大事なんですよ」宮崎駿

さすがです、駿さん。絶妙な肩の力の抜け具合。僕自身、カッコイイ言葉ばかり探してましたが、そうじゃない。プロとして仕事に責任とプライドとこだわりを持つのは当たり前。ただし、最終的にそれを受けるのは素人であって、その心、その精神を決して忘れてはいけない。僕の考えている理想のプロフェッショナルとはまさにこれに近い。ただ、この言葉は巨匠の彼が語るからこそ皆に響く言葉です。僕もいつか等身大の自分の言葉で「プロフェッショナルとは?」という質問と向き合えるようになりたい。

ここ最近、「この人まだ若いのにすごいな~」と年の近い誰かに対してライバル心を抱くでもなく素直に感心してしまう自分がいて、自分自身の成長は止まってるんじゃないか?今の自分に満足して緩みが生まれてなかったか?不器用な自分の唯一の武器“向上心”を忘れてはいないか?今のままでいいのか?自問自答を繰り返してちょっと凹み気味でしたが、湿気ていても明日はない。今こそ改めて自分を信じ、信念を信じ、できることを精一杯やってコツコツ巨匠に近づくしかないんですよね。皆さん、この飢えたライオンにどんどんポジティブな刺激を下さい!

そうだ、週末はお台場にガンダムを観に行こう!
[PR]
by takeoverproject | 2009-08-27 02:40
ストリート魂
8月20日は 、この日で引退を迎えるSAMURAIこと森下雄一郎さんの最後の雄姿を目に焼き付けるため、「AND1 MIXTAPE TOUR in JAPAN [FINAL]」TOKYO大会に行ってきました。

http://www.youtube.com/watch?v=4UwEqYmxdF0

森下さんとは彼の自伝を担当することになって以来のお付き合いで、僕の生き方にポジティブな影響を与えてくれている尊敬する先輩のひとりです。プロバスケットボーラーとしては引退されましたが、今後は幅広い業界でご活躍されることだろうと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=0tj2UfQ68ik

そして「AND1 MIXTAPE TOUR」は相変わらず激カッコイイ。普段バスケを観ない僕でも毎年変わらずその超絶プレーに引き込まれてきました。

http://www.youtube.com/watch?v=atPiRayT4rk&feature=fvst

またサッカーだと「2FAST」というこんなストリートボーラー軍団も存在します。日本でのストリートというとリフティングのイメージが強いですが、イベントやメディアを通してこういうフットボールも根付かせたいなぁと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=5y2liniwVg4&feature=related

とはいえ、やはり理想郷はここですが。

http://www.youtube.com/watch?v=WoJ3hthX1sw
[PR]
by takeoverproject | 2009-08-22 05:47
サッカー編集者、ここからの反撃
入籍という人生の分岐点を迎えて、より一層仕事に励まなければと決意する今日この頃。

今年に入って中林が担当したサッカー書籍は計5冊。どれも順調に売れていて、重版作もあります。また、無数の引き出しをお持ちなのにもかかわらず“戦術”という凝り固まったイメージがついてしまいそうであった西部さんとの思い切ったサッカー小説作りや、今後この業界を共に引っ張っていくべき北さんとのチャレンジャー精神を共有した初仕事など、挑戦的な作品作りにも取り組めました。そして何よりどの作品も数年に渡って色褪せない内容であると胸を張れる自信作。

とはいえ、じゃあ売り上げ的に爆発的な大ヒットがあったかと突っ込まれると、既刊本の今後の販促展開と、新刊本次第と答えるしかありません。

この課題はサッカー書籍全般にも当てはまります。スポーツというジャンルの中でこれまで優位を保ち続けてきた野球書籍に対して、今年は売り上げ上位、そして作品が残したインパクトという点でも遅れをとっているのが現状です。

今年、雑誌&新書を除くと、現状他社さんで万単位で売れてるなぁと感じるのはベ−スボ−ル・マガジン社さんの「夢の中まで左足」、アスペクトさんの「バルサ流トレ−ニングメソッド」、カンゼンさんの「松井大輔のサッカ−ドリブルバイブル」あたりでしょうか。

どの新刊も「そうきたか!」と唸らされる出版芸術社さんも含め、サッカー書籍は作り方を間違わなければ手堅く売れるというイメージは定着しつつあり、ここ数年でバリエーションとクオリティは確実に上がってきています。そしてライターさん、編集者さんほか、携わっているのは皆さん強者揃い。まだまだ底力はこんなもんじゃないはずです、サッカー書籍業界。

現状に常に危機感を持つことを忘れず、他社さんと切磋琢磨しながら、既刊本の販促展開&新刊本の制作に尽力し、打倒野球本、いや打倒村上春樹の意気込みでサッカー界を盛り上げたいです。

まだまだ走る理由はある!
[PR]
by takeoverproject | 2009-08-19 20:45
2009年8月16日
日付が変わってしまいましたが、わたくし中林良輔、2009年8月16日(日)に28歳を迎えるとともに、入籍をいたしました。

多くの女性ファンが泣いて悲しむお相手は、関西に住んでいた学生時代からお付き合いしているデザイナーさんです。

誰から批判を受けようと「20代は自分への投資の時期。給料はすべて使い切る。貯金はしない」というポリシーを貫いてきたわたくし。今年からは若干考えを改めてコツコツ貯金をはじめ、新居への引越しは来月、結婚式は来年できればと考えております。

とはいえここで人生をまったり志向に移行したり、守りに入ったりとは1ミリも考えておりません。今後はより一層ガツガツとストイックに仕事に取り組み、プレーに観戦にボールを追いかけ、自分を日々成長させてこその幸せな結婚であると鼻息荒く考えておりますので、皆様今後ともより一層のお付き合いのほど何卒よろしくお願いします。

下記写真は入籍前日のフットサル後、婚姻届を提出する翌日2時まで一緒に飲んだくれて祝ってくれた素晴らしきフットボールジャンキーの仲間たち。ちなみに向かって自分の左が最愛の嫁、右側の2人がフットボールジャンキー創設時から兄弟と呼び合う義兄弟2人。真夜中に池袋の区役所に集まってくれた彼・彼女らに、そして中林の人生に関わっていただいている皆に心からの抱擁を!
c0030862_3242675.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2009-08-17 03:13
ジャンキー冬物大セール
我が人生で今現在が最初の踏ん張り時だなぁと感じている今日この頃。

こういう時こそプライベートを充実させなければ!!

というわけで、気づけば昨年150枚近く制作して大好評だったTシャツの活躍する季節を逃してしまいましたが、義兄弟3人で相談のうえ、それなら冬物を作ろうということになりました。

個人的には冬でもプレー中は長ズボンよりもハーフパンツ派&下をハーフパンツにすると約2000円安くなるため、現段階での有力案は【ジャージ】と【ナイロンピステ】の2案。ともに値段は1万5000円弱。

【ジャージ】
セット:長袖上×ハーフパンツ下
ブランド:アンブロ(ユニフォームと同じブランド)
カラー:ブラック×ゴールド(ほぼ黄色)
c0030862_21403884.jpg

【ナイロンピステ】
セット:長袖上×ハーフパンツ下
ブランド:アスレタ(お洒落フットブランド)
カラー:ブラック×イエロー
c0030862_2141930.jpg

「これなら買う!」「長ズボンがいい!」「上着だけでいい!」「冬物ならこんなのはどう?」などご意見あればコメント欄か直接中林までご連絡を!希望者はジャンキーフットサルに来たことなくても誰でも買えます&マージンは一切取ってませんので安心価格です。

※ただし希望者多数で中林が立て替えられそうにない場合は前金制でよろしくどうぞ m(_ _)m
[PR]
by takeoverproject | 2009-08-07 21:42