1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
主に関西方面の親しき皆さんへ
まず5月10日(予定)。我が親友ジュンがバーを開店します。

場所は大阪心斎橋のアメリカ村。店名は『Bar SMiLE』。関西方面の皆さん、夜な夜な仲間と集う溜まり場にしちゃって下さい!僕も関西に出向いた際には必ず入り浸って散財するつもりです。

--------------------------------------
『Bar SMiLE』
〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋2-9-3
日宝サンフラワービル505
tel:06-6226-7791
open:pm7:00〜am3:00
closed:不定休
blog:http://starbox1750.blog58.fc2.com/
--------------------------------------


そして5月2日(日)に開催される我が母校『大阪コミュニケーションアート専門学校』の同窓会。

皆さんのご協力により参加予定者が200名を突破しました。これは学校主導だった前回の同窓会のほぼ2倍!そして実は会場のキャパが220人くらいらしく、どうせならキャパオーバーを狙うほかないと考えているので引き続き声かけのご協力よろしくお願いします。人が溢れパッションも溢れる会場にしましょう!また当日「こういうことできない?」というご提案のある方はぜひ中林まで。現状は個々に語り合える歓談重視でとくに気の利いたイベントは考えてませんので。

行く予定だけどまだ参加登録していないという方は下記サイトでご登録を!

http://www.oca.ac.jp/creative/school/info/graduate.html
[PR]
by takeoverproject | 2010-04-26 21:54
宇都宮&モウリーニョ△
c0030862_0535356.jpg

本日、東邦出版刊『フットボールの犬』がスポーツ関連書籍1800冊の頂点に輝いたミズノスポーツライター賞の授賞式に行ってきました。壇上に立たれる宇都宮さんを見て感無量。ただ今回の受賞はすべて宇都宮さんの功績の賜物。まだまだ力不足&何ひとつ成し遂げてないいち編集者は、また明日から気持ちを新たに謙虚に仕事に打ち込みます!

そしてCL準決勝のインテル×バルセロナ。いやはやモウリーニョの独壇場。素晴らしい。やっぱりサー・ファーガソンに代わる我がマンユーの監督は(カントナ以外だと)彼しかいませんね。インテルファンからさえブーイングを受ける存在となってしまったバロテッリも連れて来シーズンからぜひ!で、グレイザー追い出して会長にはファギーが就任と。
c0030862_0531724.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2010-04-22 01:01
憧れの存在、憧れの舞台
本日、憧れの存在と初対面、初打ち合わせ。

ジュニアユース時代、レフティーモンスターと恐れられるFWだった中林少年が突如GKに転向したのも、雑誌を読みながら「俺ならこう構成するのに!こういう企画をやるのに!」という思いが強くなってサッカー編集者を目指したのも、きっかけはすべてこの方、松永成立さんです。

とても優しい方でした。とても熱い方でした。「時間はいくらでも作るので一緒に良い本にしましょう!」というお言葉をいただいた時には思わず感動&武者震いしました。

そして明日は学生時代いつかお仕事がしたいと憧れていたサッカージャーナリスト宇都宮徹壱さんとともに『フットボールの犬』が大賞を受賞した「ミズノスポーツライター賞」の授賞式へ。明日も楽しみ!
[PR]
by takeoverproject | 2010-04-21 01:42
2010サッカーW杯南アフリカ大会開催記念JUNKUトークセッション
カンゼンさん、出版芸術社さん、そして我が東邦出版の3社にてサッカー出版社スペシャル合同企画を行います。夢のコラボレーションです。パチパチパチ!
5月21日に西部さん、宇都宮さん、森さんという豪華メンバーによるトークセッションを開催します。かなりの勢いで予約が埋まっているとのことなので興味のある皆様、予約をお急ぎ下さい!!


★「W杯を100倍楽しむ! 気鋭のサッカージャーナリストが南アフリカW杯を語り尽くす!!」講師:西部謙司×宇都宮徹壱 聞き手:森哲也(サッカー批評編集長)

2010W杯南アフリカ大会の開催を記念してサッカー界の最前線で活躍する3名がW杯について語り尽くします。日本代表メンバー発表後となりますので、岡田ジャパンの戦術や選手起用の意図から、同グループの対戦国分析、はたまた優勝候補から各国の注目選手まで、大予想していただきます。聞き手には、サッカー批評の編集長である
森哲也氏を迎え、白熱したセッションが繰り広げられます。トークセッション後には西部氏、宇都宮氏のサイン本販売会も予定しています。

<講師およびに聞き手紹介>
西部謙司(にしべ・けんじ)
1962年9月27日、東京生まれ。小学校6年時にテレビでベッケンバウアーを見て感化される。以来、サッカー一筋。早稲田大学教育学部を卒業し、商事会社に就職するも3年で退社。サッカー専門誌の編集記者となる。95〜98年までフランスのパリに在住し、欧州サッカーを堪能。現在はフリーランスのサッカージャーナリストとして活躍。著書に、『技術力』『監督力』『W杯の透視図—蹴球対談—』(出版芸術社)、『戦術に関してはこの本が最高峰』『偉大なるマントーバ』(東邦出版)、『サッカー戦術クロニクル』『サッカー戦術クロニクル』(カンゼン)など多数。

宇都宮徹壱(うつのみや・てついち)
1966年3月1日、福岡県生まれ。幼少から東京に暮らす。92年、東京藝術大学大学院美術研究科を卒業し、映像制作会社に勤務。97年、何の見通しもないままに「写真家宣言」を敢行。98年、旧ユーゴスラヴィア諸国の現状とフットボールとの関わりを描いた『幻のサッカー王国』(勁草書房)を発表。以後、『サポーター新世紀』(勁草書房)、『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』『フットボールの犬』(東邦出版)を発表。『フットボールの犬』は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。

森哲也(もり・てつや)
編集プロダクション・株式会社レッカ社所属。『季刊サッカー批評』編集長。『世界のサッカー応援スタイル』『ワールドサッカー歴史年表』(カンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』(加部究 著/双葉社)などを編集。

------------------------------------------------
★日時:2010年5月21日(金)19:00より
★会場:ジュンク堂書店新宿店
    8階喫茶にて。
    入場料1,000円(1ドリンクつき)
★定員:40名
★受付:7階カウンターにて。電話予約も承ります。
ジュンク堂書店新宿店 TEL.03-5363-1300
------------------------------------------------

http://www.junkudo.co.jp/tenpo/evtalk-shinjyuku.html#20100521shinjuku
[PR]
by takeoverproject | 2010-04-19 17:10
ラジオ出演
毎週木曜日18時〜、ラジオの「REDS WAVE」さんにて島田佳代子さんが担当する「REDS Power Of Town」に電話出演をはじめてそろそろ10回近くなるのかな?

わたくし中林の登場するコーナーの数も増え(笑)、ネットやiPhoneでも聞けますので、親しきサッカー好きの皆様はぜひ下記サイトを一度チェックしてみてくださいな。

http://redswave.com/
[PR]
by takeoverproject | 2010-04-15 23:34
ほんとに残念です。。
まずは皆さん、この記事を見てください。

http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2010/04/10/02.html

これがほんとに岡田さんの本心なら、残念です。ほんとに残念です。。

先日のセルビア戦の惨敗は岡田監督の力量不足を露呈しただけなのに。。石川が裏に抜けたビッグチャンスなんて個の力以外の何ものでもないのに。。W杯に向けて気持ちを切り替えて日本代表を心から応援しようと先日代表ユニフォーム買ったところなのに。。

組織的に守備をするのは現代サッカーでは当たり前。一方、攻撃に関して徹底した組織サッカーで結果を出せるのは監督が非常に優秀な場合のみだと思います。今の日本代表がやろうとしている組織サッカーに徹して中盤やサイドで1+1を3にしたところで点が入らなければ意味がない。

さすがに今から代表監督を代えてくれとは言いません。難しいタイミングで代表監督を引き受け、日本をW杯に導いた岡田さんの功績もリスペクトしてます。

ただ、お願いですから余計なことだけはしないでください。日本が誇る最強軍団を率いて選手のモチベーションを上げれるだけ上げてもらってベストを尽くしていただければいいんです。岡田さんに求めているのはそこだけです。効率的に点が取れるかたちがない今の日本代表で唯一世界を驚かせる可能性を秘めた個の力をこれ以上削り取ることだけは勘弁してください、ほんとに。。
[PR]
by takeoverproject | 2010-04-11 16:33