1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
最高顧問就任
サッカー界で中林が尊敬する偉大な先輩のひとり、島田哲夫さんがタイのプロサッカークラブ「INSEE POLICE UNITED FC」の最高顧問的なポジションであるオフィシャル・アドバイザーに就任されました。

タイではアドバイザーは何もしない人と誤解されているらしく(笑)、島田さんがその間違った認識を180℃変えてくれることはまず間違いありません。

日本のサッカー界にとって非常に喜ばしい、偉大な一歩だと思います。
その意味ではアルビレックス・シンガポール、そして是永大輔CEOの存在もほんと偉大です。

これからサッカー界はあらゆる意味でアジアの時代になると思います。
世界中のすべてのエンターテイメントの中において最高峰であるサッカー界の位置づけを確保し続けるため、そして日本サッカーのさらなる発展のため。

話題騒然間違いなしの某審判本「主審告白」(8月中旬刊行)の入稿作業中のため、いまここで多くは語りませんが、アジアサッカーの可能性についてはいずれまた。

尊敬する島田さんには、ぐうの音も出ないでただただ感服させられたエピソードがあります。
中林が島田さんとの初対面の際に、わざわざ池袋のはずれにある小社まで足を運んでくださったばかりか、このただただ自己完結型の中林の日記を2005年の開設当初からさかのぼって事前にチェックしていただいていたのです。
僕自身もなるべくフットワークは軽く、初めてお会いする方のことは最低限調べて、と常々意識はしておりましたが、島田さんほどの実績のある大先輩がその何倍も上をいっていたことに平伏し、自分の努力の足りなさを痛感したことを昨日のように覚えています。

中林は島田哲夫さんの開拓者としての道のりを全力で応援します。


島田さんの会社ウェブサイト(島田さんブログも見れます)
http://www.sanko-partners.co.jp/contents/project/shimada.html

INSEE POLICE UNITED FCのウェブサイト(Englishを参照ください)
http://www.inseepolicefc.com/
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-29 11:02
自転車な毎日
c0030862_157248.jpg

今月、奥さんからの(1カ月前倒ししてもらった)誕生日プレゼントに自分でお金を足して新しい自転車を購入しました!

イタリアで創業1948年の歴史と伝統があり、今ではイタリア国内にジオスブルーというカラーが存在するほどその名が知られているブランド「GIOS」製。イタリアってほんとデザインセンスが秀逸ですよね。

本格的なロードバイクというよりは街乗り用のクロスバイクなのですが、通勤に、打ち合わせに、フットサルに、この愛車で都内を走り回っております。

とはいえまだまだ実力不足で、先週木曜日は自転車で池袋〜渋谷間の打ち合わせ往復後、池袋から神宮まで移動してサッカー関係者フットサルで汗を流し、「今日はアクティブな1日だったな〜!」と満面の笑みでの帰路の途中に足がつり、最後は自転車を押して帰るという情けない結果に。。苦笑。

少しずつ真のライダーに近づき、ジャンキーのレフティモンスターと恐れられる足腰のさらなる強化と、かつては高校ナンバーワンだったはずの無尽蔵の体力を取り戻し、フットサルに生かせるように精進します!!
c0030862_1581683.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2010-07-22 15:08
シタタカサトナツカシサ
J1名古屋からJ2徳島にレンタル移籍中の津田知宏選手が、ブログにて「サッカー王国ブラジル流正しいマリーシア」を紹介してくださいました。

http://pure-city.jp/da-tsu-/2010/07/post_1.html

c0030862_2036577.jpg


個人的には先の南アW杯でのスペイン優勝を受けて、日本サッカーがスペインの華麗なパスサッカーに心酔しすぎないかが心配です。確かに洗練されたパス回しが代名詞であるスペイン代表は見ていて心地良いですが、準決勝でドイツを沈めたのはセットプレーからのプジョルのヘディングであり、決勝でオランダに競り勝ったのもF・トーレスからのシンプルな放り込みがきっかけでした。決勝トーナメント以降すべて1-0でしたたかに挑戦者を沈めてきたスペイン代表を『洗練されたパスサッカー』でひとくくりにはできません。そしてその強者の戦い方は、奇しくもオランダ戦の後半のみ崩壊してしまったブラジル代表にも通じるものがあります。ブラジルのサッカーこそまさにしたたかさの代名詞。我々はまだまだ王国ブラジルサッカーから学ぶべき事柄に溢れています。

また明日はラジオ「レッズウェーブ」にて、「助っ人外国人が本音で語る 良い日本サッカー もっと良くなる日本サッカー」を紹介予定です。

http://redswave.com/

c0030862_20434538.jpg


ワールドカップが終わり、Jリーグが再開しました。このJ再開を受けて、90年代〜00年代の助っ人外国人たちを懐かしみ、彼らの日本サッカーに対する愛のあるアドバイスに耳を傾けてみませんか?本書を読むことで、次期日本代表監督の人物像がうっすらと見えてくるかもしれません。

以上、近刊2冊の宣伝でした!
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-21 20:38
(ラジオ以外で)初生放送出演
昨日はJリーグ主催のUstream&ニコニコ生放送番組「Jリーグ再開! トークライブ ~集まれぇぇぇええ!今度はJリーグだ!」に出演。下記で録画も見れるそうです。

http://www.ustream.tv/recorded/8249414

c0030862_19102975.jpg
出演者の皆さんと記念撮影。向かって右から高木聖佳さん(フリーアナウンサー)、北澤豪さん、足立梨花さん(2010Jリーグ特命PR部女子マネ)、中林、古屋恭平さん(エルゴラッソ 編集部記者)、岡田康宏さん(サポティスタ 編集長) 。ポージングは知る人ぞ知る鬼武チュアマンの持ちネタ「キックオフ」!

話が無難すぎ!というツッコミも手厳しい方々からはいただきましたが、おおむね高評価&予想以上の視聴者数とのことでひと安心。

放送前にサッカー協会の方から「締めはアダッチーの『集まれぇぇぇええ!』と、南アに行った中林さんの『アフリカの歌』にしましょう!」と言われた際には、面白くない関西人代表として冷や汗ものでしたが(笑)、個人的には非常に勉強になった&収穫の多い1日でした。番組の最後をしっかり締めてくれた北澤さんはやっぱりもってます。

さらに僕のひな壇芸人的根性が強すぎたようで、北澤さんを押しのけて「お前誰やねん!?」状態で報知紙上&ウェブ上に登場してしまいました。笑。

http://hochi.yomiuri.co.jp/soccer/jleague/news/20100713-OHT1T00260.htm

年内にJリーグ37会場を回るというJリーグ特命PR部女子マネ足立梨花さんブログもぜひ見てみてください。この日の放送についても書かれています。

http://ameblo.jp/rika-adachi/

とはいえ、10歳以上年下のサッカー関係者が現れるとは、もう僕も若手なんて言ってられないですね。。
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-14 19:10
南アW杯美人サポーター〜集まれぇぇぇええ!
南アW杯が終わり、今はW杯の美人サポーターをあーでもないこーでもないと言い合うのがネット上で大変盛り上がっております。ちなみに開幕前はフットサル仲間の女子たちと、各国で誰がイケメンか?で選手名鑑を見ながら大盛り上がりしました。まぁこれもW杯の楽しみの1つ!というわけで、もちろん自分の中でダントツで一番なのは奥様というのはちゃんと前置きした上で、「中林的南アW杯美人サポーター・ベスト3」!

c0030862_2348565.jpg
第3位「笑顔が素敵なアルゼンチンサポーター」

c0030862_2349092.jpg
第2位「美人すぎるサポーターと話題となったパラグアイサポーター」

c0030862_23502165.jpg
第1位「ハリウッド女優顔負けのオーストラリアサポーター」

とはいえ、なんと言っても南アW杯一の女神と言えば、シャキーラさんですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=pRpeEdMmmQ0

ワカワカエイエ〜。おそまつ。
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-13 23:46
緊急告知!
基本的に国内ではなく海外サッカーウォッチャー&日本サッカーに対しては辛口視点の中林が、なんとJリーグさんオフィシャルのメディアに出演します。来週火曜日20時30分〜、皆さんぜひ何を話していいのかわからずアワアワしている中林をご視聴ください。笑。ホリプロタレントスカウトキャラバングランプリの足立梨花さんも参加予定なので、よくある男臭いUstトーク企画とは一線を画したヴィジュアル的にも楽しめる番組になるはず。

下記、概要です。


【7月13日 20時30分 配信開始!】 Jリーグ再開へ向けたトークライブが、Ustreamとニコニコ生放送で配信決定! 

Jリーグ再開に向け、7月13日20時30分よりUstreamとニコニコ生放送にてトークライブを生配信することになりました。

北澤豪さんとJリーグ特命PR部女子マネ・足立梨花さん、中林良輔さん(東邦出版 編集長)、 岡田康宏さん(サポティスタ 編集長) 、古屋恭平さん(エルゴラッソ 編集部記者)をゲストに迎え、2010Jリーグ前半戦の振り返りや後半戦の展望など、白熱したトークライブを繰り広げます!

また、トークライブで聞いてみたいテーマ/質問をTwitterにて事前募集します。ハッシュタグ#j_restart をつけて、聞いてみたいトークテーマや質問をtwitterでツイートしてください。ライブ当日も随時質問を受け付ける予定です。

【番組名】
Jリーグ再開!トークライブ
集まれぇぇぇええ!今度はJリーグだ!

【配信URL】
Ustream  http://www.ustream.tv/channel/j-league1
ニコニコ生放送 http://live.nicovideo.jp/gate/lv21045936

【配信日時】
2010年7月13日(火)
20時30分~21時30分予定 延長の可能性あり

【ゲスト】
北澤豪さん、足立梨花さん、中林良輔さん(東邦出版 編集長) 、岡田康宏さん(サポティスタ 編集長) 、古屋恭平さん(エルゴラッソ 編集部記者)

【司会】
高木聖佳さん
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-09 17:38
島田さん結婚式
先週末の7月4日。ライター島田佳代子さんの結婚式に行ってきました。

http://ameblo.jp/kayorita/

中林が島田さんとお知り合いになったのは2005年。あれからもう気づけば5年の月日が流れました。故ジョージ・ベストと親交が深かったという伝説を始め、その圧倒的な人脈&活動力に終始お世話になりっぱなしの5年間でした。

中林が初めて本格的なサッカー読み物を担当編集した著者であり(島田さんの初著書「I♡英国フットボール」)、担当編集として初めて出席する著者の結婚式であり、結婚式で最初のスピーチを担当するのも初めての経験。さらに旦那さんとの出会いのきっかけも中林担当編集の「I♡ラグビーワールド」ということもあり、本当に感慨深い結婚式でした。

しかも結婚式の司会やイベントも自らこなす島田さんは新婦というより名プロデューサー。10月11日の我々の結婚式でも理想像として大いに参考にさせていただきます!

c0030862_14475254.jpg
とてもとてもお似合いの新郎&新婦。スピーチさせていただいておきながら新郎とはこの日が初対面(笑)でしたが、とても穏やかでありながら内に秘めた情熱を感じる方でした。すごく仲良しになれそうな気がします。

c0030862_14485610.jpg
式で同席だったスポーツパブ「フットニック」オーナー今井勇次さん、ミステリーハンターとしてもご活躍中のタレント諸岡なほ子さん、三洋電機所属のラガーマン三宅敬さん、シドニー五輪銀メダリスト中村真衣さんら意気投合した豪華面々と。

c0030862_14494240.jpg
レッズ関係者、我が奥さん、ほか親しい面々も加わった二次会での記念撮影。そういえばレッズウェーブ出口さんもいたようないなかったような。。大変恐縮ながら上記の結婚式の集合写真とあわせて中林デジカメで撮影してくれたのはプロカメラマン関根孝さん。

二次会は完全なるラグビー乗りで大盛況。とはいえやっぱり僕はこの日の名司会、山ちゃんこと山賀敦之選手のファンです。こういった希有な存在がサッカー界にも欲しい!!

http://www.secom.co.jp/sports/rugby/team/forward.html
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-07 14:50
南アフリカの夜
つい先々週の経験なのにすごく遠い昔のことのようにも感じられる南アフリカ・ヨハネスブルクでの日々を、生々しく思い出させてくれる中田徹さんの記事をスポナビのコラムで見つけました。

http://southafrica2010.yahoo.co.jp/news/cdetail/201007040006-spnavi

「僕はエリスパーク・スタジアムへ行き、テレビでアルゼンチン対ドイツ戦を見た。試合が終了したのが夕方6時。すでに日は暮れた。なぜかここで、僕は「町へ行かねば」と思ってしまった。(中略)線路の高架をくぐって、やや西へ行く。いくつものマンションがあるが、廃墟に近い状態で人が住んでいる気配はしない。ちょっと遠くにナイジェリア人たちが不法占拠してスラムを作った有名な丸いビルが見える(中略)僕の本能が「もうこれ以上行くな」と叫んでいた」(本文抜粋)。

図らずもこの有名な丸いビルの側を通ってしまったのが我々。苦笑。詳しくは中林の過去の日記か下記、南アでの戦友・北健一郎さんのブログにて。北さんブログの写真に我々と一緒に写っているのが道案内をしてくれた命の恩人。

http://sportswriter.at.webry.info/201007/article_2.html

ちなみに、末恐ろしい丸いビルの写真は下記、南アでの戦友・秋元大輔さんのブログにて。

http://ameblo.jp/football-crazy-daisuke/

さらに、すでに4000枚近く公開されている南アでの戦友・松川智一さんの写真は下記にて。

http://picasaweb.google.co.jp/100202224018204645939

以上。最近ライブドアさんが運営する「Soccer Journal」にて本ブログが掲載されるようになり、アクセス数がかなり伸びたこともあり、改めて南アでの戦友たちのご紹介でした。笑。ただしヤフーさんと連動しているスポナビさんのリンクを紹介している今回のブログはまず転載されないと思いますが。苦笑。

http://soccer.livedoor.com/
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-05 14:57
ブラジルの敗因
いやぁ、負けましたねブラジル。

中林の連続ワールドカップ優勝国的中もストップ。。

ブラジルの敗因は、ドゥンガ監督含め審判の判定に終始神経質になってしまっていたこと。後半27分、フェリペ・メロは自分に対する相手のファールが取られなかったことに苛立ち、その苛立ちをコントロールできなかったことが直後の退場につながってしまった。

ドゥンガ監督もまさか前半あれだけ完璧な試合運びをしたブラジルが後半逆転を許し、さらに退場者を出すという展開になるなんて考えてもいなかったんでしょう。フェリペ・メロ退場後のブラジルはルイス・ファビアーノの不可解な交代を含めて策無しという状態でした。

ブラジルは2006年ドイツW杯の準々決勝フランス戦に0対1で敗退しました。この試合でのアンリの決勝点の際、アンリのマークをさぼって靴下を直していたロベルト・カルロスは大会後自国で大きな批判を浴びました。それ以来ブラジルでは守備をさぼった選手に対して「靴下を直していたのか?」と表現するようになりました。

今回フェリペ・メロは自国で大いに罵倒されるでしょう。そしてその罵倒を消化してフェリペ・メロはより逞しくより抜け目のない大人のプレーヤーに成長し、またひとつ新たなサッカーのことわざを敗戦から生んだブラジルサッカーそのものもさらに強くしたたかになるのです。

いやぁ、とはいえあのブラジルがベスト8で敗れるとは!これだからサッカーは面白い!!

http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4809408736
[PR]
by takeoverproject | 2010-07-03 01:17