1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
第二回蹴りトーク!
本日は第二回の「蹴りトーク」!

本日20時よりustream放送を行います!
日本最高峰の「リトルエリアストライカー」森山泰行さん出演!
テーマは「ストライカーは育てられる!」です!

Twitterでは下記で質問募集しております!
#keritalk

皆様お楽しみに!

http://www.ustream.tv/channel/talk6mag
[PR]
by takeoverproject | 2010-12-28 16:38
第二回蹴りトーク!
本日蹴りトーク第二回!

本日20時より日本最強の「リトルエリアストライカー」森山泰行さん出演!
テーマは「ストライカーは育てられる!」のテーマです!

ツイッターでは下記で質問募集しております!
#keritalk

皆様お楽しみに!

http://www.ustream.tv/channel/keri-talk
[PR]
by takeoverproject | 2010-12-28 16:35
年末年始恒例の
毎年恒例の「J2白書」制作中。

今作はなんと400ページ超え!
……なだけに内容が充実しすぎて全然終わりが見えません。苦笑

皆さん、
年明け2011年1月下旬。
書店で「J2白書2010」を見かけた際には、
クリスマスも年末年始もなく不眠不休で本書制作に取り組んだ、
ひたむきな編集者がいたことを思い出し、
そっと手にとってやってください。
そしてあわよくばそのまま強く握りしめてお店のレジへ……

さぁ、オールブラックスのハカでも堪能して今日ももうひとがんばり!
「おー、がんばってがんばってこー!(と聞こえる空耳アワー。笑)」

http://www.youtube.com/watch?v=zmM7QeoCP1Y&feature=fvst

ちなみに今現在のハカは新バージョンになっているんだとか。
秩父宮ラグビー場も近くなったし、また生でみたいなぁ。
オールブラックスはこないのかなぁ。
来年はW杯開催地だし日本に来る意味はないのかなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=3TXRiA1G2F4&feature=related

それにしてもなんでアディダスは、
オールブラックスラインの商品を日本で展開しないんだろう?
絶対一定の需要はあるはずなのに。少なくともここに1人。
ラグビービジネスやる気ないのならカンタベリーに譲ってもらいたい。
[PR]
by takeoverproject | 2010-12-25 20:55
感謝する日々
年内刊行の大作2冊がついに今週発売となります。

c0030862_2191815.jpg
「ジャイアントキリングを起こす19の方法」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4809409090

c0030862_2193890.jpg
「ストライカー特別講座」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4809409082

ここで多くは語りません。
見てもらえればわかります。

またこの2作品に関しては、
中林が尊敬する多くの方々と初めてお仕事ができた
という意味でもとても意義深い作品となりました。
尊敬する先輩方とのお仕事は刺激に溢れていました。

先月刊行した「ゴールキーパー専門講座」も、
本日3刷り目の3000部重版が決まり、
周囲の皆さんのご尽力の大いなる力に感謝する日々です。

さぁ次は年明け刊行の「J2白書2010」制作に向けて全力疾走!
[PR]
by takeoverproject | 2010-12-15 21:10
THE OFFICIAL
c0030862_18401013.jpg

来週12月22日(水)にリリースされる、
「2010FIFAワールドカップ南アフリカオフィシャルフィルムin3D」
をソニー本社でひと足先に堪能させていただきました。

鑑賞前は正直、
「全試合カバーしてないしなぁ(64試合中25試合を3D撮影)」
とあんまり期待していなかったのですが……

2010年7月2日、準々決勝ウルグアイ対ガーナ。
この試合の信じがたい展開を3Dというリアルな描写で振り返ることで、
改めて南アフリカの地で感じた熱いものがこみ上げてきました。
ウルグアイFWスアレスのハンドの場面では失笑すら聞こえましたが、
ロスタイムで得たこれを決めればアフリカ勢初のベスト4という場面、
ガーナのエース・ギャンが放ったシュートはバーを叩き……
呆然と立ち尽くし身を震わすギャンと、
それを力強い抱擁で慰めるボアテンク。
3D映像は静かに、それでいて残酷なまでに鮮明に彼らを追い続けます。
そして試合は……

この作品がほかのどの映像でも見ることのできない、
SONY×FIFAの結晶といえる映像だと改めて気づかされるとともに、
SONY×FIFAの4年後、ブラジルでの次なる提案が楽しみになりました。

ちなみにSONYとFIFAのパートナー契約は2014年で終わりを告げます。
天文学的なお金が必要な契約が更新されるかは
僕なんぞの知るところではありませんが、
SONY撤退は日本企業のW杯ビジネスからの撤退を意味します。
いやはや、2018年ロシア、2022年カタール……どうなることやら。。
[PR]
by takeoverproject | 2010-12-14 18:40
バカバカしく愛すべき映画
ご無沙汰です。

先週末はちょっと体調を崩していたこともありに家でまったり。
ここしばらく仕事仕事な毎日を送っていたからか、
珍しくなんだか無性にバカらしい映画を見たくなり、
「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」と
「バーン・アフター・リーディング」を鑑賞しました。

どちらも期待を裏切らぬバカバカしさと人間くささ。
たまにはこういった“愛すべき”映画もいいもんですね。

「ハングオーバー!」のブラッドリー・クーパー(写真左)が男前。
渋い歳の重ね方をすればハビエル・バルデムを目指せるようなタイプ。
そういえば別の映画の中では彼らワイルド&ダンディな男前が二人とも
スカーレット・ヨハンソンの魅力に溺れて破滅するんでしたっけ。
“ 妖艶”スカーレット・ヨハンソン恐るべし。
「ハングオーバー!」にストリッパー役で出てくる
ヘザー・グレアム(写真右)も40歳とは思えぬ美しさ。

c0030862_221522.jpg

[PR]
by takeoverproject | 2010-12-14 02:24