1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Football saves Japan
c0030862_1914434.gif


中林は下記のサイトの活動も行っております。

http://dekirukoto-football.jp/

そこで東京近郊にお住まいの皆さんにご協力のお願いです。

Fooball saves Japanでは、サッカーファミリーとして、またサポーターとして、汗をかく直接支援の一環として、緊急援助物資の募集とこれの集積配送を行うこととなりました。これにつきまして、多くのサッカーファン・Jリーグのサポーターなどを中心するとサッカーファミリーの幅広い支援を頂きたく、まずはお願い申し上げます。なお、本件詳細については、追って上記サイトにてご連絡することになりますが、現時点でわかっている情報を先にお伝えいたします。

◇日時:3/26(土) 13時~17時 ※予定
   ・・・・詳細確定次第、上記サイトにてご連絡いたします。


◇場所:JFAハウス・日本サッカーミュージアム
    http://www.11plus.jp/
    →JR「御茶ノ水駅」
     東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」
     千代田線「新御茶ノ水駅」より徒歩6分


◇募集物資(予定)

 【受付品目】(新品未使用のもの)

1.赤ちゃん用品
  熱さまシート、紙おむつ(新生児S、M、L、ビッグサイズ)、おしり拭き、
  ベビーローション、ベビーオイル等

2.高齢者用品
  大人用紙おむつ、介護用ウェットシート、介護食用とろみ剤等

3.生活用品
  コンタクトのケア用品(洗浄液、コンタクトケース)、使い捨てカイロ、
  生理用品、紙コップ、サランラップ等

4.飲料水

5.ダンボール箱(ミカン箱以下のサイズ)など

  ・・・・詳細確定次第、上記サイトにてご連絡いたします。


 なお、日本サッカーミュージアム様からは、本件活動の主旨にご賛同頂き、快く場所の提供を頂きました。このことを皆さまにご報告いたします。

                   Football saves Japan事務局
[PR]
by takeoverproject | 2011-03-23 19:15
サッカーメディア業界を背負う書き手の皆様へ
この度の震災はサッカー界のみならず、日本全体を不安に陥れ、
いまだ予断を許さない状況となっております。
阪神淡路大震災経験者としては非常に心が重く、痛いです。

ではこの現状で我々サッカーメディアの人間に何ができるか?
私は「たかがサッカー」だとは思っていないひとりです。
一致団結すればサッカーにできることは必ずあると思います。

まず大前提としてサッカーを通じてサッカーファンに勇気を与え、
日本の皆さんにサッカーの素晴らしさを知ってもらって元気を与え、
かつ義援金という面でも微力ながらお役に立てないものかと考え、
各方面に水面下で打診させていただいた結果、
最低限の必要経費をのぞいた売り上げを全額寄付できるという、
電子書籍での出版が実現できることとなりました。

そこで今回、何らかのサッカー媒体で執筆したご経験のある
プロフェッショナルな文章書きの方々を募り、
ボランティアでの原稿の執筆をお願いしております。
昨晩から今朝にかけてご依頼メールを送らせていただき、
すでに50件を超える温かいご賛同のご返信と
驚くことに2件の完成原稿が届いております。

現状中林が連絡の取り合える方に対しご連絡を差し上げておりますが、
新たに本ブログを読み本企画に賛同・協力したいと考えていただける
サッカーメディア業界のプロの書き手の方がおられましたら、
下記メールアドレスまでご連絡下さい。本企画の詳細をお送りします。

soccer_no_chikara@yahoo.co.jp

また、念のため改めて繰り返しますが、本企画は企画の性質上、
サッカーに関わるプロの書き手に限定してご執筆依頼をしております。
その一方で志を同じくする熱い思いを持った方々もたくさんいます。
サッカー関係者、サッカーメディア関係者、ファン・サポーター……
そういった皆様とはまた別の形で共にできる事をご相談させて下さい。

もちろんこういった事柄に関しましては個人の考えが分かれますし、
どなたに対しても本企画を無理強いできるものではありません。
本企画をどう感じられるかは各個人のご判断を尊重するべきですし、
その全てが正解なのではないかと考えております。

最後に本企画の発売時期や購入できるサイトについては
確定次第改めて本ブログにも掲載させていただきます。


東邦出版編集長 中林良輔
[PR]
by takeoverproject | 2011-03-18 19:21
「サッカーを愛する人にできること」
c0030862_1951771.jpg


気づけば夜となってしまいましたが、
本日発売のサッカー新聞「ELGOLAZO(エルゴラッソ)」に
中林のインタビューが掲載されております。
今号のエルゴラッソは全編を通してとても意義深い内容なので、
ぜひ皆さんお近くのコンビニやキヨスクで手にとってみて下さい。

また紙面上では具体的には語っておりませんが、
現在僕なりの「サッカーを愛する人にできること」として
いくつかの具体的な企画を考えております。

まずは「餅は餅屋」。編集者・中林として動き出します。
詳細はまた近日中に。
[PR]
by takeoverproject | 2011-03-16 20:02
フットボール映画祭雑感
c0030862_15365837.jpg


中林のハワイからの帰国を待っていただいた3月8日、
日吉の「O'Brien's Irish Pub」にて打ち上げも終えた、
ヨコハマ・フットボール映画祭。

この映画祭の事務局のひとりとして僕が担当したのは、
主に「人とのつながり」に関する役割。
エンブレム&キャラデザインを安齋肇氏にお願いし、
信頼するやり手デザイナーにクリエイティブ面を依頼し、
事前に、そして当日ご協力いただきたい方々にお声がけする。

当日に来ていただいた方々の存在も含め、
自分は「人」に支えられているんだなと
改めて強く感じさせていただきました。

映画祭そのものも、
まさかの前売り券でチケット完売、
柳下毅一郎さんに審査委員長を、
中西Jリーグ事務局長にプレゼンターをお願いでき、
当日も大盛況。

参加していただいた方々の感想も上々で、
「着目点がいい」「横浜に根付いてほしい企画」
など嬉しいご意見をたくさん頂戴しました。
いやはや大成功と言っていいのではないでしょうか。
皆様のおかげです。

http://yokohamafootballfilmfestival.org/

そしてすでに本映画祭は、
来年の開催に向けて動き出しております。
大いにご期待下さい。

ちなみにいろんな方から
「で、中林くんはこの映画祭でいくらもらったの?」
と聞かれますが、もちろんボランティアですから!
わたくしあくまでサラリーマン。
たまに講演などでいただくお金も会社に入れてますから!

最後に、下記サイトにて安齋さんデザインTシャツ販売中。
期間限定ですが、いまならまだ間に合いますよ!

http://exfa.net/
[PR]
by takeoverproject | 2011-03-10 15:37
新たな門出
尊敬する大先輩である島田哲夫さんがFC岐阜の顧問に就任し、

http://www.fc-gifu.com/news/post-913.html

尊敬するサッカー選手であり友人である柴村直弥さんが
ラトビアトップリーグのベンツピルスとプロ契約を結びました。

http://blog.goo.ne.jp/shei90/e/aa931e62abd286b0100597c0c23b4a58

おふたりは必ず新天地で力強い存在感を発揮されることと思います。

全力で応援するとともに僕も負けずに精進せねば!
[PR]
by takeoverproject | 2011-03-07 23:33