1981年8月16日(獅子座)神戸出身。東邦出版に勤務するフットボールジャンキーな編集長・中林良輔による多角的サッカー日記。カントナとゴッドファーザーをリスペクトし、心のクラブはマンU。
by takeoverproject
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ライフログ
ブログパーツ
最新の記事
カテゴリ
以前の記事
近況報告
1日置きにテンポ良く更新してたのが途切れました。はい。ごめんちゃい。

それでは、近況でも報告します。
僕が今月作った本は「踏切の本」と「廃墟の本」です。ここ2、3ヶ月で作らないといけないのは「サッカー本」×2、「給与明細の本」、「占い本」、「団地の本」です。これだけいろんなジャンルの本を同時に抱えていると、それはそれで楽しいものですよ。もう何でもこい!って感じで。

あ、そーいえば誰か自分の給与明細掲載してもいーよーという方いれば(takeoverproject@yahoo.co.jp)にメール下さい。買い取ります。載せられない部分にはしっかりモザイクかけます!

って、エキサイトのブログで思いっきりヤフーメール書いちゃっていいんでしょうか?てか、日本代表のドイツW杯・一次予選のオマーン戦にアディダスさんの招待席に座って全身プーマで観戦してた男なんですけどね。。
[PR]
# by takeoverproject | 2005-01-25 01:30
「いつか遊びがモノをいう。」
「いつか遊びがモノをいう。」……すばらしいコピーです。みなさんも目にしたことがあるかと思いますが、ナイキのCMやWebサイトでお馴染みのあのコピーです(http://nike.jp//football/front/front.html)。CMの発想も素晴らしい!街中でサッカーをはじめ、怒っている出店のおばちゃんをファーガソン監督と例え、使用時間を終えた瞬間に照明を消されたあとの真っ暗闇な中での往生際の悪い草サッカーを延長戦と例える。相変わらずナイキさんは若いサッカープレーヤーのツボをよく心得ています。感服です。

あれ?でも、ちょっと待ってください。少し時間を巻き戻してみましょう。

昨年、光栄なことながら書店で売り上げの良かったサッカーの技術書に、僕が編集を担当した『ストリートサッカー』とナイキさんのイベントとタイアップした『ナイキ・フリースタイルフットボール』の2冊をよく上げていただきます。ともに「もっと“魅せる”“楽しい”“自由な”サッカーをやろうよ!」というコンセプトの元、若いプレーヤーを中心に大きな反響をいただきました。そんな中、微妙に異なる点は、うちは“ブラジルではサッカー=遊びと捉えられている”というバックボーンから「遊び」「ストリートサッカー」という単語にこだわり、ナイキさんは「フリースタイルフットボール」という単語にこだわった点です。ちなみに前者で僕が考えて付けたサブタイトルが『サッカー上達の秘訣“遊び”を極める』です。

いえいえいえ!滅相もない!パクられたなんて言いません。
ただ、まだまだぺーぺーのいち編集者が、著者らのアドバイスを受け、今の日本サッカーに足りないモノ、若いプレーヤーが欲しているものを考えて達した結論と、
ワールドワイドな展開をし、様々なリサーチも万全で、大手代理店とも契約していて数え切れないほどの人間が関わっているであろうナイキさんが出した結論が、
まったく同じモノだったというのが嬉しいではないですか。ただそれだけです。

そこから生まれた自信と達成感が僕のサッカー編集者としてのブレをなくし、頭のてっぺんから一本芯を通してもらった感じなのです。
[PR]
# by takeoverproject | 2005-01-21 23:35
フットボール・ジャンキーとは?
2004年に東京で発足したフットサルチーム「FOOTBALL JUNKY」。その名の通り、サッカーが無くては生きていけないサッカー中毒者という意味です。日本サッカー協会に取り込まれて闇雲に目の前の勝利を目指すだけのつまらないチームではなく、もっとアンダーグラウンドなチームがいいなを考え、生まれたチーム名です。
メンバーみんな仕事が忙しくてなかなか試合が組めないですが、実はこのチームの発足は僕のプライベートの夢の実現への第1段階なのです。
僕のプライベートの夢というのは、自分がプロデュースするサッカーとフットサルのチームを東京・大阪・神戸の3箇所にそれぞれにつくることです。「当時のサッカー仲間がたくさんいるところで、自分がいつでもどこでも気の合う仲間とサッカーかフットサルができるように」と考えた単なる自己満のための壮大なプロジェクトです。そもそもこのプロジェクトを思い立ったのは専門学生だった時です。そこで当時自分がキャプテンをしていた有志のサッカーチームに勝手にこのチーム名を付け、同名のフリーペーパーまで創刊していました(http://www.kasyou.com/masato/top/fj/fjtop.html)。つまり、すでに大阪で「FOOTBOLL JUNKY」という名のサッカーチームが存在し、東京には同名のフットサルチームが存在するのです。計画はリアルタイムに進行中。順風満帆です。

ちなみにこのプロジェクトの達成に必要な条件はこのようになります。
・サッカーかフットサル専門ブランドとのコラボでユニフォーム一式、スウェット、プレゼンテーションスーツ、エナメルバック……e.t.c を一式揃える
・上記の一式を友人には加入時にタダでプレゼント(着払いの郵送で)。会費・年会費無し。コート代と試合後の飲み会は各自で負担。
・東京の自宅の屋上にフットサル場を作る(屋根は開閉式で空調完備)。福島県の「Jヴィレッジ」の横に保養所付きサッカー場を作る(夏とGWの合宿地用)

各地域の僕のサッカー仲間のみなさん、期待しておいて下さい!11年後に実現する予定です。
c0030862_18575181.jpg

[PR]
# by takeoverproject | 2005-01-19 18:56
「F×F」
とにかく僕は着るものに意味や個性を求めます。自分の主張であったり、意思表示であったり……。例えば、共感できるメッセージが書かれたものであったり、好きな色(黒と金)が強調されたものであったり、お気に入りのアイコン(ライオン、百合の紋章、チェ・ゲバラなど)がモチーフにされたものであったり。
なので、そういう目線で他人のファッションも気になります。今日も仕事の移動中に池袋で「Milk」とかわいく書かれたトレーナーを着てる若者に問いかけたくなりました。「お前にとってミルクはなんだと。お前は牛乳に命懸けてるのか!と。」余計なお世話ですが。。(苦笑)

そんな中、僕のファッションアイテムの半数を占めるのが「フットボールファッション」です。“プーマ”“アディダス”“ナイキ”などの大手スポーツブランドもなかなかですが、“アスレタ”“グランデ”などのサッカー専門ブランドも客観的にみてもカッコイイものが多く、街着としても愛用しています。本来サッカーやフットサルのプレー中に着るものですから通気性、保温性、吸汗力、着心地、どれも抜群です。これらのブランドを着ている女性なんかもよく見かけます。とくに最近の僕のお気に入りは、南米テイストを全面に押し出している“ジョガボーラ”(http://www.jogarbola.com/)とオーナーが知り合いの“ザ・ライジングサンズ”(http://www.therisingsuns.jp/)です。一度サイトをのぞいて見て下さい。一部協力した商品などありますが、別にお店のまわしものではありません。

では、そんな「フットボールファッション」に少しでも興味を持った方!けど自分がどのブランドが好きかわからない!そんな方にもぜひ見て欲しいネットショップを紹介します。“サッカーショップフットボールパーク”(http://www.sports-ws.com/fp.html)です。僕も仕事で忙しくて渋谷や原宿に買い物に行けないときはだいたいここで買います。「安い!」というわけではないですが、品揃えはたぶん日本最大です。上記の7ブランドもすべてあります。商品が届くのも意外と早く、カードでも代引きでもいいので支払いもラクです。ぜひ!

もう一度念を押しておきますが、別にお店のまわしものではありませんから。。
[PR]
# by takeoverproject | 2005-01-17 21:03
サッカーブログ見切り発車の主な理由
c0030862_22474836.jpg


サッカーを愛して止まない編集者リョウスケです。
自分が書籍編集という仕事に携わって1年半。今までは上に添付したような書籍の編集を主に担当し、社会人になっても日常生活の大半がサッカーと共に歩んでました。雑誌を読みあさる。サッカーに精通する様々な人たちと出会う。自分が読みたいと思うサッカー本を作る。それが仕事。ただそんな幸せなだけの日々もやはり長くは続かず、昨年末より編集者としてのテリトリーの拡大にともない、サッカー一筋とはいかない環境になってしまいました。日々の忙しさも過去の人生でこの上なしです。

しかし、そんな中でも自分の原点であり終着点はサッカーなんだと再認識するためにサッカーをテーマにしたブログ『FOOTBALL JUNKY【多角的サッカー日記】』をはじめる事にしました。学生時代に作ったWebサイトの更新は時間的にどうにも難しいのでブログに乗り換えです。見切り発車だなんて言わないでください!

主な内容は欧州、Jリーグを含めたサッカーそのものの気になった出来事について。日々の出来事について。サッカーに関わるファッションやアート、ホビー、雑誌や書籍についてなどを不定期に気ままに書いていこうと思います。暇なときにでも読んでやってください。

学生時代に作ったサイト(仮死状態)は下記アドレスです↓
http://www.kasyou.com/masato/top/fj/fj.html
[PR]
# by takeoverproject | 2005-01-13 22:00